■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
暫定世界一のスマイル
いつどこで誰と交換して貰ったのかは忘れてしまったが、
旅の途中で、僕は1冊のフォトエッセイを手にした。
作者は、アジアの旅好きな女性。内容も、全てアジアの写真だった。

その中で、一番印象に残ったのが、最後の1枚。
そこに写っていたのは、カンボジアの子ども達の満面の笑みだった。

実はここカンボジアも当初は旅の予定に入れていなかった僕が、
行ってみようと思ったキッカケは、そこにある。
自身でも遺跡不感症を自覚していた僕にとって、
アンコール・ワットだけでは、カンボジアに来ようとは思えなかった。
本当の理由は、「あの笑顔に会ってみたい」と思ったこと。それだけだった。

アンコール遺跡群の観光を1日で切り上げた後に、
2日間、アテも無く自転車や徒歩でシェムリアップの郊外に出掛けてみた。
そこで見つけたこの国の素顔を、少しだけ載せたいと思う。

カンボジアの素顔。
カンボジアの素顔①
カンボジアの素顔②
カンボジアの素顔③
カンボジアの素顔④
カンボジアの素顔⑤
カンボジアの素顔⑥
カンボジアの素顔⑦
カンボジアの素顔⑧
カンボジアの素顔⑨

元々の動機が子ども達の笑顔にあったのもあって、
子どもの写真がほとんどになってしまったけど、
本当はね、老若男女問わず、みんなが僕を温かさ全開で迎えてくれた。
僕がニコッと手を振る(← 「気持ち悪い」とか言わないでね?)と、
どこまでもナチュラルで優しい笑顔で、挨拶を返してくれる。
それでなくても、普通に歩きながら見ているだけでも、
この国の人達は本当に表情が柔らかいなぁ…と感じさせられる。

そんな大人達の表情は、僕にはうまく撮れなかった。
もちろん、カメラを向けると喜んで応じてくれる人もたくさんいるんだけど、
どうしても皆さん張り切って(?)構えちゃうんだよね…。
一緒に向き合って、一緒に笑っている時の笑顔が一番最高だったから、
途中から撮るのは諦めちゃった。
興味の湧いた方は、是非自分で確かめに来て欲しい!

どこまでも穏やかで、優しくて、温かい。
その雰囲気は、以前ラオスを訪れた時に受けた印象ととても良く似ていた。
この国を好きになるには、僕にってはそれだけで十分。

前回の日記のトゥール・スレーンはその後に訪れたわけだが、
当たり前だけど、あの部屋いっぱいに並んでいた写真には、笑顔は見当たらなかった。
ほんの30数年前に、あの素敵な笑顔が奪われていた時代があったことに、
やるせない思いが募った。

一方で、今のカンボジアを生きる人々の笑顔に込められた力強さを思った。
あの苦痛と悲痛で満ちていた時代を乗り越えてきたからこそ、
より一層の笑顔を持って、彼らは生きているのかもしれないって。

何度も言うように、世界の全てを見たわけじゃないけれど、
少なくとも僕の中では、この国のスマイルは世界一だと思っている。
アンコール遺跡群と共に、世界に誇る財産として、
これからもずっとずっと失われずに残っていって欲しいなと思う。

オマケ。雲玉模様。
雲玉模様
(シェムリアップ行きの飛行機にて)

もう1つ。プノンペンの夕焼け。
夕焼けミラー@プノンペン
そろそろ夕飯でも行くか~と部屋を出たら、この光景が広がってて驚いた。
空も水面(湖面)も、完璧に染め上がっていた。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-カンボジア | 17:05:09 | トラックバック(0) | コメント(4)
狂気のあった場所
カンボジアの首都・プノンペンの市街は、車とバイクの洪水のようだ。
見どころも少ないので、この街は素通りしてしまう人も多いと聞く。
僕も、この騒々しい町自体に特に惹かれるものがあったわけじゃないのだが、
1つだけ、ある博物館を訪れる目的があった。

そこでは、何千枚と並べられた、白黒の顔写真が待っていた。
僕と同い年ぐらいの兄ちゃん、
日本で言えば「定年」に近そうなおじいさんおばあさん、
まだ小学生にも満たないような幼児、
乳飲み子を抱えた母親、
その1つ1つの眼が、こちらをじっと見つめている。

強烈だった。

彼ら彼女らの写真は、この場所へ投獄された時に撮られたものだ。
約32年前、今は博物館となっているその建物は、監獄として使用されていた。
かつてのポル・ポト政権は、ここに罪無き民間人を投獄し、
約2万人とも言われる人々を拷問、処刑したとされる。

写真に写るそれぞれ表情は、
時に哀しみに映ることもあり、
時に怒りに映ることもあり、
時に絶望に映ることもあり、
時にそれら全ての感情を失っているように映ることもあったが、
実際に当時、ここで目の前にあるレンズと向き合っていた彼ら彼女らは、
いったい何を想っていただろう?

プノンペンの中心から少し離れた郊外に、
今は住宅に囲まれながら静かに建っている、トゥール・スレーン博物館。
僕は何より建物の部屋いっぱいに並んだ顔写真が強く印象に残ったのだが、
他にも、拷問や独房に使用された部屋をそのままに残されていたり、
当時そこが狂気に満ちていた様子を今に伝えている。

敷地内に4棟ある建物のある一角に、いくつかの落書きがされているのを見つけた。
内容がどうあれ、この場所に落書きをすること自体、その神経を疑問に思うのだが、
僕はふと、その中の1つに目が止まった。
それは中国語に英文を交え、こう書かれていた。

「我们想从今天我们国家 full of peace. 02/04/08」

訳すなら、「今日から私達は、私達の国が平和で満ちていることを実感する。」
…といったところか。
この地で行われた悲惨な光景を見せつけられ、
今の自分らが暮らす国の平和に気付き、それに感謝した。
それは一見すると、立派なことだ。
けどね…。

この落書きが、中国に住む中国人によって書かれたものだということを前提にするけど、
(中国本土で使われている簡体字で書かれていたし、
 日付の後に書かれていたサインも中国人名と見てほぼ間違いなかったので)

ふざけんじゃねぇよ。

もし、これを書いている瞬間を目撃していたら、
僕はそいつをぶっ飛ばしたかもしれない。
確かに、僕がかつて住んでいた地域もそうだし、
見る地域によっては、今の中国は十分に平和を感じられるだろう。
だけど、僕が見てきた中国は、間違っても「full of peace」なんかじゃなかった。

僕がさらに許せないのは、この日付だ。
まだ記憶にある方もいるのではないかと思うが、
2008年3月10日に、中国領チベット自治区のラサにて、
今日で最大の騒乱が起こっている。
この落書きがされた日は、それから1ヶ月も経っていない直後なのだ。
現実と真剣に向き合っているならば、
間違ってもこの落書きにあるような言葉は出て来ないはずだろう。

こんな馬鹿が、悠々と旅行して遊ぶ金を持ち、
今のあの国を動かすのかと思うと…、
僕は心の底から腹立たしくて、失望した。
もちろん、そんな連中ばかりではないことも知っているけれど…。

(以下、後日補足)
ここまでの文章を読んで、ある人からメールが来た。
「『02/04/08』はどう読むのか勘違いしてしまった。国際的にはどう書くのか悩んでしまった。」と。
入出国のカードを記入する時、チェックイン時に宿帳を記入する時、
旅をしている中では、「日/月/年」の順序で記入することがほとんどで、
いつしか僕もそれが当たり前になっていた。
だから、この落書きの日付も「08年04月02日」として全く疑ってもいなかったのだが、
けど、よくよく考えたら、中国はどっちだったっけ…?

もしかしたら、僕の勘違いの可能性もあるのですな。
だとしたら、メッチャ恥ずかしいし、一部謝罪しなきゃいけない話だけど…、
仮に日付の話を除いたとしても、僕がこの落書きに感じたことは変わらないので、
この記事は、あえて消さずに残しておきます。

------------------------------

そして、真面目な本題とは全く関係の無い、カンボジアのメシの話。(笑)
マレーシアに引き続き、ここも米が主食でありますので、
またも惣菜+ご飯の食事が基本になっております。

その1。
カンボジア的惣菜&ライス①
白菜と豚肉のスープと、豚挽き肉の佃煮、かな。

その2。
カンボジア的惣菜&ライス②
鶏肉のしょうが炒めと、タケノコ入り肉野菜炒め。

その3。
カンボジア的惣菜&ライス③
豚肉とナスの炒め物と、豚肉とピーマンとパイナップルの炒め物。

その4。
カンボジア的惣菜&ライス④
鶏肉とパイナップルの炒め物と、トマトの肉詰め煮込み。

その5。
カンボジア的惣菜&ライス⑤
魚のスープと、鶏肉入り野菜炒め。

誰かが、「カンボジアの食事はイマイチだった」と言っていたのだけど、
僕はこの意見を全否定させて頂こう!
濃厚な味付けで時に油っ濃いタイやマレーシアの料理より、
さっぱり薄味ながらもスパイシーさが目立ったラオス料理より、
カンボジア料理の味付けはずっと日本に近くて、親しみやすかった。
辛くない、濃くない、そして魚が豊富(写真は肉が多いけど…)。
間違いなくヘルシーだし、ここではガッツリ食べても太らないかも☆
(その分、ビールで取り返してたけど…)

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-カンボジア | 16:50:40 | トラックバック(0) | コメント(2)
遺跡観光、最終章
アジア最大の遺跡 vs 「遺跡不感症」。

うーん、世紀の大一番って感じだ。
これまで、各地の名だたる遺跡に対してことごとく「不感」であった人間に、
アジアの誇る大遺跡がどう映るか?
これは面白そうじゃないか。
…って、他人事じゃなく自分のことなんだけどさ。

アンコール・ワットと、その周辺の遺跡群。
カンボジア観光におけるハイライト…と言うより、
この国を旅行することとアンコール・ワットに行くことはイコールの人も多いんじゃないか?
エジプトではルクソールの遺跡群をそっちのけてサイクリングし、
インドではタージ・マハールをすっ飛ばした人間としては、
極めつけにアンコール・ワットをスルーするという暴挙(?)もちょっとだけ考えたが、
さすがの僕でも、ここだけは行っておこうと思った。
(尤も、その動機は上のようなしょーもないものだったが…)

言わずもがな、アンコール遺跡群はカンボジア最大の観光資源なわけだが、
さすがにその値段設定は強気である。
遺跡群の入場料は、1日券がUS$20、3日券でUS$40、7日券でUS$60。
高い。高いけど、この国の場合は他に観光資源が乏しく、
これが恐らく同国最大の収入源でもあることを考えると、
中国の観光料に比べればカワイイもんだ…。
人々の精神的な支えになっているという意味も含めて、
この遺跡がこの国にあったことは、良かったなぁ…と思う。

…とか言いつつ、買うのは1日券というケチな自分。
いや、だって、まさか「遺跡不感症」が治るとも思えなかったし、十分かなって…。

遺跡群は、実に広大な範囲に広がっている。
アンコール・ワットとその周辺のエリアだけでも広い上、
一番遠い遺跡まではさらに数十kmも離れているため、
全部見ようと思ったら、とても1日じゃ足りない。
僕は自転車を借りて、1日でアンコール・ワット周辺を回りきったが、かなりの駆け足だったと思う。
遺跡が好きな人で、彫刻や壁画をじっくり見て歩く場合は、
このエリアだけでも最低2日は欲しいと思うだろう。

僕の場合は…、案の定、1日で十分だった。
午後にも差し掛かる頃には、正直言って飽きてきた。
どこを見ても、似たようなものに見えてきちゃって…。
結局、アジア最大の遺跡をもってしても「不感症」は治らず、か。

けど…、ちょっとだけ感じたところもある。
もし、この遺跡内には、僕以外に人も車もいなかったとして、
それこそ僕が現代で初めてここに足を踏み入れた人間であったなら、
僕が受けた印象は「感動」なんてレベルのものじゃなかっただろうな、と。
ひっそりとした森の中、小鳥のさえずりと、木々のざわめきだけが聞こえて来る中で、
あの壮大な建築物が目の前に現れたら…、僕はどうしただろう?
その圧倒的な光景に固唾を呑み、高まる鼓動を抑えながらも足を踏み入れただろうか?
…いや、僕は逃げ出したかもしれない、と思う。
確かにそれは、壮大で神秘的…、
だけどそれ以上に、呑み込まれてしまうような不気味さを感じる気がするんだ。
「千と千尋」のように、そのままどこか違う世界に迷い込んでしまうような…。

そんな幻想を抱かせる雰囲気が、確かにそこにはあった。
ただ、そういうロマン(?)に浸るには、実際の遺跡は人も車も多過ぎる。
森に囲まれたこの遺跡は、今まで見てきたどの遺跡よりも静けさが似合うと思うから、
尚更それが鬱陶しく感じてしまった。…実にワガママな話だけど。

アンコール・ワット。…の、裏側かな。(たぶん有名なのはこの反対側)
大遺跡の裏側@アンコール遺跡

森の中にひっそりと佇む遺跡もあれば…、
森の中にひっそり@アンコール遺跡

森の中からどーんと現れる遺跡もあり。
森の中にどーん@アンコール遺跡

兄弟のように並ぶお顔もあれば、
3連フェイス@アンコール遺跡

優しく微笑むお顔もあるけれど、
微笑み@アンコール遺跡

時に不気味に迫って来る。
不気味フェイス@アンコール遺跡

これが、別世界への入口。
幻想世界への入口@アンコール遺跡
幻想世界への入口②@アンコール遺跡

石の上にも、ウン百年。
石の上にもウン百年①@アンコール遺跡
石の上にもウン百年②@アンコール遺跡

もう1つ、アンコール・ワット遺跡群とは別に、ベンメリアという遺跡も見に行ってみた。
これまで色んな人の評判を聞いていると、総じてアンコール・ワットよりも好評だった場所。
アンコール・ワット観光の基点であるシェムリアップの町から80kmも離れているので、
訪れる観光客も比較的少なく、より幻想的な雰囲気を楽しめる、というのが理由のようだ。
…といった評判に流されて、今まで何度も失敗している気がするので、
もう期待などは抱いていなかったが、この旅での遺跡観光も、恐らくこれがラスト!
ということで、懲りずに行ってみることにしたのであった。

ここの遺跡は、ある意味で素晴らしい「ほったらかし」っぷりだったな…。
遺跡内は通路らしい通路がほとんど整備されておらず、瓦礫が散乱している。
積み上がった石を乗り越え、狭い隙間をくぐり抜け、
「観光」と言うより「探検」じゃないか?と思うぐらい、なかなかハードな体験を強いられる。
でも、そこに発見する楽しさが生まれるから、イイんだろうね。
確かにアンコール・ワット周辺よりもずっと静かで浸れる雰囲気があったし、
ここの評価が高いことには納得できた。
僕の場合は、ここでも大きく心に響いて来るものは感じられなかったけど…。

ほったらかし遺跡。
ほったらかし遺跡①@ベンメリア
ほったらかし遺跡②@ベンメリア

大蛇。
大蛇@ベンメリア

これが空に浮かんだら、ラ○ュタだね…。
ラ○ュタ?@ベンメリア

------------------------------

遺跡の話はこの辺にして、
シェムリアップでは何が楽しかったって、夜のドリンクタイムですよ。
僕にしては珍しく、毎晩ツーリスト向けのBarに入り浸っていた。
と言うのも、この町では店同士の競争が熾烈なのか、
Barで提供するドラフトビールが、缶や瓶で買うよりも安いのだ!
その値段、1杯US$0.5~。
僕が今まで訪れた中では、世界一安い!
インドで年越しに飲んで以来、
実に1ヶ月以上も全く酒を口にしていなかった(高いし、質もイマイチだったし…)僕にとって、
ここはまさに天国だった…。

Anchor Beer!
Anchor@シェムリアップ
カンボジア国産ビールの1つ。
コクはちょっと弱めだけど、苦味もキレも適度で、
喉越しがスッキリしているので、飽きずに飲み続けられる味だった。

もう1つ、「Angkor」という紛らわしい名前の銘柄があるのだが、
こちらは風味やコクが「Anchor」よりさらに弱いのに、やたら苦くて炭酸が強い。
味わって飲む旨みは無いのに、
かと言って喉越しだけでゴクゴク飲み進めるとすぐに腹がパンパンになってしまう。
僕にとっては、一番苦手なタイプです、はい。

たぶん、ビールだけではほとんど店に利益が出ていないと思われるが、
料理は全く頼まず(高いから…)、毎晩ビールだけを飲んだくれていた僕は、
さぞかし迷惑な客に思われていたことでしょう。(笑)
でも、僕が行っていた店のスタッフ達は、
そんなことは全く顔に出さず、いつも愛想良く振舞ってくれて、本当に居心地が良かった。

ここでは、僕の飲んだくれに付き合ってくれた仲間もいた。
ツマミはいつも、それぞれの熱い旅トーク。
ほろ酔い気分に浸る中で、誰かが言っていたけれど、
長く付き合ってきた友達には話せないことが、
今日出会ったばかりの旅人には話せることがある。

例えば、僕らがこのBarで語った話題は、
初めはそれぞれの旅のルートで何が良かったとか、そんな軽い話。
でも、いつしか話は、貧富のことだったり、宗教のことだったり、
クソ真面目な方向に進んでいたりする。
酔いも手伝ってノリは軽いかもしれないけれど、
みんな真剣に自分の思いを語り、聞き入る雰囲気がある。
そんな中で、時に自分には無かった新しい考え方を見つけることもある。
特に普段1人で歩くことが多い僕にとっては、
より世界を広げるための、大切な時間でもあるのだ。
付き合ってくれたみんなには、本当にありがとうと言いたい。

そしてこの時間だけは、旅人だけが共有できるものなのかな…と思う。
旅をすることで考えさせられる様々なテーマ。それと、今いるこの国の空気。
それらを、「同じ旅人なら分かち合えるはず」という心理が、自然と働くのでしょう。
そして、そこには何とも言えない安心感があるんだな。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-カンボジア | 16:30:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。