■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
こんにちは写真
イスタンブールの公園を散歩していたら、
遠足(?)と思われる団体の子ども達に「ハロー!」の集中攻撃を浴びた。
また、橋の上で夕日を眺めていたら、少年たちが「フォト!フォト!」と言って寄ってきた。
写真を撮って欲しいのかと思ったら、一緒に写りたかっただけらしい。
最高のスマイル(ウソ)で被写体に加わっておいた。
大人のおじさんでも、すれ違いざまに英語や日本語でにこやかに挨拶をしてくれる人がいる。
(この場合、一部は観光客狙いの客引きや詐欺師なんだろうけど…)

今の僕は「意識して」ナチュラルになろうとしているけど、
彼らはきっと、「無意識で」ナチュラルなんだと思う。
もしかしたら、「ハロー」や「フォト」以外の言葉を知らないのかもしれない。
それでも、1つの言葉を使うことで、そこで1つのコミュニケーションが成立する。
すごく素敵で、楽しいことだと思う。

それって当たり前のことなんだけど、日本人はどうだろう?
日本を訪れた外国人に対して、彼らのように接することができるだろうか?
きっと、多くの人はできないと思うんだ。
なんでだろう?これから旅をしつつ、ちょっと考えてみたいと思う。

偉そうに書いてるけど、僕も間違いなくその1人だ。
今だって、同じドミトリーに泊まっている人らに対して完全に人見知り状態になっている。
みんな英語がペラペラ(に聞こえる)で、その雰囲気に押されてしまっている情けない自分。

でも、下手な英語だって、カタカナ読みのトルコ語だって、
使ってみればもっともっと楽しくなるんだ!それはわかる。
ちょっと時間がかかりそうだけど、少しずつ、トライしていこう。

…それはそうと、頑張って話そうとする時に、
英語より中国語が先に浮かぶのを、いい加減なんとかせねば…。

この旅が終わる頃には、もっと自然に英語で会話できるようになりたいぞ。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-トルコ① | 18:15:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
交差点の街
メルハバ!(こんにちは!)
…と言っても、日本は夜ですな。

こちらは、イスタンブールのネットカフェ。
ご存知、アジアと中東とヨーロッパにまたがる国の歴史ある街です。
(とは言え、歴史に疎いワタクシ、何がどう「歴史ある」なのかはよく知らず…)

昨日は晴天に恵まれたので、1日中街を歩き回ってました。
色々見方はあると思うけど、1日歩いた感覚では、
トルコの中でも一番ヨーロッパ側(西)に位置しているのもあって、
どちらかと言えばヨーロッパっぽいところのような気がするかな。
イスラムの国だけど、酒は普通に売っているし、
エ○本と思しきものもあるし…(買ってないので中身は不明。期待した人、ごめんなさい。)

初っ端だし(?)、張り切って写真撮りまくり。
説明するより、見てやって下さい。

モスク。静かな感じだけど、実はこの反対側(表側)は人がメチャクチャ多い。
昼モスク@イスタンブール

別のモスク。夜バージョン。
夜モスク@イスタンブール

商店街。ここは観光客より、地元の人が多い感じ。
商店街@イスタンブール

路地裏。左がチャイ(お茶)屋さんで、外のテーブルと椅子でのんびりと…。
路地裏@イスタンブール

スィミット(ドーナツ型パン)売りのおっちゃん。
スィミットおじさん

バザール(市場)で見つけた絨毯屋さん。
バザールの絨毯屋@イスタンブール

本家本元・サバサンド!大島合宿に行った人なら、このネタわかってくれるはず…
サバサンド

おばちゃんだって、サバサンド!
サバサンド(おばちゃん)

餌にありついた猫。…と、それを見てなぜかあきれ顔(?)の、ケバブ屋のおっちゃん。
ケバブ屋とネコ

列車の終着駅。
列車駅@イスタンブール

夕暮れ時。旧市街から北側の新市街を見たところ。
旧市街から新市街

旧市街の夕景。と、お熱いカップル。新市街とを結ぶガラタ橋の上から。
旧市街の夕景

闇に浮かぶ船とトプカプ宮殿。
夜のトプカプ宮殿

…と、うまく伝わるかわからないけど、こんな感じで。

ちなみに食べ物だけど、噂通りでパンが美味い。
上のサバサンドもケバブも、野菜やソースと合わせてフランスパンに包んでくれるのだけど、
この具を色々替えて試しているだけで生きていけそう。
でも、それ以外にも街は美味そうな匂いで溢れてます。
そんな感じで、食い意地だけは相変わらず。とりあえず、元気でやっております。

明日は次なる国、シリアのビザをゲットしに行ってきます!ドキドキ。
無事にビザが取れたら、明後日にはイスタンブールを後にして、
東のサフランボルという町に向かう予定。

それでは♪

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-トルコ① | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。