■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
砂嵐の先に…
夕方16時半。
砂漠ツアーへ向かうラクダ達がやって来た。
が、空には低い黒雲たちが見事な寒冷前線のカーブを描き出していて、
それを辿った先の北の空には、今まさに空気を吸い込み膨らんでいく入道雲の姿があった。
上空の風を見ると、まっすぐこちらに向かっている。
大きな不安を感じながらのツアースタートとなった。

歩き出して30分程経っただろうか。
空は一面鉛色に変わり、嫌な冷風が吹き付けてきている。遠くでは雷鳴も轟き始めた。
こんな木も無い砂漠のど真ん中で、鉄の取っ手を付けられたラクダに乗っている自分。
雷様の格好のターゲットじゃないか!
さすがにビビリ始めた自分。
しかし、ガイドのおじさんに引き返す様子は全く無い。

間もなく、砂嵐がやって来た。
目も開けられないほどの、猛烈な勢いで吹き付ける砂のつぶて。
それでも、ラクダは真っ直ぐに前を見つめ、着実に歩を進めていく。
普段あんなにのんびりして見えるラクダが、こんなに頼もしく感じるなんて…。
風下を向きながらふと空を見ると、上空の風向きが変わっていた。
雷を落としている雲は、前方に進んでいる。
まさか、ここまで読んでのツアー決行とルート取りだったのだろうか…?
だとしたら、すごいぜ砂漠の民!
砂の大地の過酷さと、そこに生きる逞しさを、同時に見た。

そして、西の空から青色が広がってきた。
そしてそして、光が届いたとほぼ同時に、映し出された七色のアーチ。
奇跡の瞬間に立ち会ったような気分だった。
自然の創り出す一瞬のアートのど真ん中に、僕たちはいた。
感動したと言うより、興奮したよ。ものすごく。

大地は金色、空には七色。
7色のアーチ@メルズーガ

しかも、ダブルアーチ。デカ過ぎて僕のカメラでは全体が撮れなかったけど、綺麗な弧を描いていた。
7色ダブルアーチ@メルズーガ

虹に向かって…。
虹に向かって…@メルズーガ

みんなの影。
みんなの影@メルズーガ

一仕事を終え、のんびりモードに戻ったラクダ達。お疲れさん!
お仕事お疲れ様なラクダ達@メルズーガ

砂漠に闇が迫る…。
闇が迫る@メルズーガ

夜は特製のタジンを食べ、砂に寝転がって星空を眺めて…。
エジプトの砂漠ツアーで体験したことと同じではあるけれど、何度やってもイイものはイイ!
この日も素晴らしい星空だった。

朝ですよ。
サハラの朝@メルズーガ

できたての風紋。
できたて風紋@メルズーガ

お目覚めのラクダさん。
お目覚めラクダさん@メルズーガ

砂漠小屋。
砂漠小屋@メルズーガ

グリグリな曲線。
グリグリ曲線@メルズーガ

本日は、青空に向かって…。
本日は、青空に向かって…@メルズーガ

少年ガイド。今はまだ見習い中らしいけど、頑張ってたよね。
少年ガイド(見習い)@メルズーガ

ガイド親子。数年後には、世代交代するのかな?
親子ガイド@メルズーガ

宿に戻ったら、朝ご飯が待っていた。タジン鍋で焼き上げた特製オムレツ♪
ベルベルオムレツ@ハッシュビルド

夕方、再び砂丘へ。さすがに一番高い丘に登る気力は無かったけど…。

この日は雲の掛かり具合が絶妙。ちょっと滲んだ夕陽。
滲む夕陽①@メルズーガ
滲む夕陽②@メルズーガ

My 足跡。
My 足跡@メルズーガ

恒例(?)のシルエット達。
ヤシの木シルエット@メルズーガ
貯水タンクシルエット@メルズーガ

砂丘を抜けて村に戻ると、なんだか暗い?
ちょっと道に迷いつつ宿に戻ると、中はロウソクの明かりだけがぼんやりと灯っていた。
そう、村全体が停電。
この地方では珍しいことではないと聞くけれど、僕がモロッコに入ってからは初めてだった。
元々静かな村だけど、より一層静寂が増したように感じる。

そんな中で、ちょっと遅れて夕食が運ばれてきた。
揚げ立てサクサクでホクホクのコロッケ♪
「ご飯が炊けなくて…」と、食事を用意してくれた方が申し訳なさそうに仰っていたけれど、
暗い中でこんなに温かい食事を作って頂いて、感謝の言葉しか浮かばない。
ロウソクの淡い明かりの中、写真を撮るのも忘れて、夢中で食べた。

優しい明かり。
優しい明かり@メルズーガ

こんな夜の時間もまた、ゼイタクだなぁと思う。
最初から最後まで、砂漠の世界を濃密に感じることのできた3日間が終わった。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-モロッコ | 20:00:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
ハードな砂丘散歩
宿を予め確保しておいて本当に良かった。
サハラ砂漠の宿やラクダツアーの客引きは、想像以上の「あの手この手」ぶりだった。
基点となるエルフードやリッサニでバスを降りると、そこら中から日本語が飛んでくる。
比較的大きい金額が動き、競争が激しいこのツアー。
彼らも生活が懸かっていて、必死なのはわかるよ。
でも、「(僕が泊まる予定の)その宿の人は今いないよ。」など、
旅人を惑わすウソをガンガン使ってきたり、
過剰にボディタッチをしてきたり、こちらが強く断ると汚い言葉が飛んできたり、
ちょっとやり過ぎな奴らが多い。

そんな連中を何とかかわして、公共の乗合タクシーに乗り込んだ。
リッサニの町を抜けると、すぐに砂丘が見えてくる。
砂のサハラは、想像していたより赤かった。
行ったことは無いが、写真で見るエアーズロックの色を連想した。
もちろん時間帯や太陽光の加減で目に見える色は大きく変わるのだけど、
聞いたところによると、砂丘は古いものほど赤みが増すものらしい。

夕方、涼しくなってきた時間帯を見計らって、近くの砂丘に登りに行った。
砂丘を登るのはしんどいと聞いてはいたが、実際これはかなりキツい。
鳥取砂丘の比じゃなかった。たぶん、砂の乾き具合が全然違うのだろう。
砂に足が沈み込み、滑り落ちる「ムダ」が大きいため、一歩で進める距離が極端に短い。
さらに、砂から足を抜く際に掛かる砂の重みが、一層足を疲れさせる。
頂に辿り着いた時には、僕の太腿は大量の乳酸でパンパンになっていた。

1泊2日のラクダツアーを翌日に控えていたが、初日から十分に満足な風景を堪能してしまったぞ。

砂の滑らか曲線。
滑らか曲線@メルズーガ

夕暮れ間近、輝く砂丘。
輝く砂丘@メルズーガ

砂漠の民が行く。
砂漠の民が行く@メルズーガ

一緒に丘を登りきった皆さま。みんないい顔してますな。
夕陽確認隊の皆さま@メルズーガ

ソリで砂を滑ってみた御方。残念ながら、滑り具合は今一つだったかな…。
砂滑り!@メルズーガ

本日も、1日ありがとう。
確認した夕陽@メルズーガ

これは翌日に撮ったもの。泊まった宿のある小さな村の様子。
静かな村の昼下がり@ハッシュラビド

癒しの水がめ。
癒しの水がめ@ハッシュラビド

何のポーズかな?
何のポーズかな?@ハッシュラビド

砂漠ツアーの基点になる以外は、何も無いっちゃ何も無い村なんだけど、
手前の町までの客引きの騒々しさがウソのような、素朴さと静けさで包まれていて、
それだけですっごく居心地がいい場所だった。
時間が許せば、もう1日でも2日でも滞在してみたかったなぁ~。

P.S. 1週間近くネットに接続していなかったため、更新が遅れ気味です。
   この記事の話は、もう7日も前のことだったりして…。ゴメンナサイ。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-モロッコ | 18:30:07 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。