■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
予想通りの飲んだくれ
再びセビーリャに戻ってきた。
次なる長距離移動の起点にするためだが、その前に、もう1つアンダルシアで見たいものがあった。

翌日朝のバスで、近郊の小さな町・カルモナへ。
5月下旬~6月上旬がシーズンと聞いていたが、今年はまだちょっと早かったらしい。
緑色しか無い畑も多かったが、それでも一部の場所で5部咲き程度の花々を見ることができた。

こんな感じ!
太陽の花畑①@カルモナ
太陽の花畑②@カルモナ

明るいアンダルシアのイメージに相応しい色だなぁと思う。
いつ見ても、力強さを感じさせてくれる花。
来年もどこかで見れるかな?きっと見に行こう。

セビーリャでは、ヨルダンのペトラで出会った旅人に再会した。
約2ヶ月振りに、また無事で出会えたことを祝し、2夜連続でサルー(=乾杯)!
完全にスペインは予算オーバーの方向に向かってるんだけど、
一旦飲み出すともう止まらない~♪

1つ言い訳させてもらうけど、セビーリャは暑いんだ!
見て下さい、本日のこの数字!
40度…@セビーリャ

気温だけなら、きっとモロッコの砂漠などはもっと高かったんだろうけど、
あちらは乾燥しているから、日陰に入って風に当たれば快適だったりする。
しかしこちらは、日本ほどではないが、だいぶ湿気が増しているので、風が生温い。
そんな中を1日歩いてたわけだから、止められるわけが無いのだ。(断定)
まぁこれを求めて来たようなもんだし、しばらく金の問題からは現実逃避しちゃおう…。

地元客で賑わう立ち飲みBar。客と対話しながらも、慣れた手付きで次々ビールを注ぐ仕事人。
Barの仕事人①@セビーリャ

美女の笑顔をパパラッチ。
美女の笑顔@セビーリャ

何かの肉をカットする仕事人。
Barの仕事人②@セビーリャ

運ばれてきたのは、イベリコ豚(たぶん)の生ハム♪
生ハムスライス@セビーリャ
え、豚インフル?豚肉の誘惑が強過ぎて、それどころじゃございません♪
日本を出て以来ずーっとイスラム圏にいた僕は、
3ヶ月近くも豚さんとは縁が無かったのでございます…。
ハムってこんなに美味いんだ…と、その旨みを噛み締める。

イカ墨パエリヤ。
イカ墨パエリヤ@セビーリャ
本当はバレンシアが本場なんだけど、行けないのでここでトライしてみた。
独特のコクがライスに染み込んで、イカ好きの僕にとってはたまらない♪

タパス(ツマミの小皿)5点盛り。
タパス5点盛り@セビーリャ

スペイン風ポテトオムレツに、ハムマヨを挟んだもの。相性抜群!
スペイン風ポテトオムレツのハムマヨサンド@セビーリャ

ムール貝の甘煮。
ムール貝の甘煮@セビーリャ
これは勘で頼んだ(スペイン語のメニューが読めない!)ら出てきた。
カウンターに並んでいるものは指差して選べるんだけど、
それ以外のメニューを適当に選んでみるのも楽しい。今のところ、何を頼んでもハズレ無し!

あまり観光らしい観光をしてないけど、以下はセビーリャの街を歩いてて見つけたもの。

唯一撮った建物の写真。有名なんだろうけど、名前とかは知らない。
ご立派な建物@セビーリャ

缶コーラは、0.5ユーロ。
コカコーラ : 0.5ユーロ@セビーリャ

缶ビールも、0.5ユーロ。もっと安いのもある。素晴らしい国だ。
ビール : 0.5ユーロ@セビーリャ

街中にある、レンタサイクルスタンド。
レンタサイクル@セビーリャ
カード払いが基本のようで、横に操作ボードがあった。
年間契約(10ユーロ)か7日間契約(5ユーロ)をして、あとは使用した都度金額を支払う仕組み。
当然年間契約の方が安いようで、
30分までは無料、以降1時間ごとに2ユーロだったかな?(←うろ覚え、間違ってるかも…)
ちなみに、主な仕様 : オートライト付、テールランプ付、内装3段、前後ローラーブレーキなど。
これがセビーリャの街だけで数百台はあるだろうから、儲かってますなシマノさん…(笑)

恋するネットカフェ?見つけた時は笑ったよ。
恋のネットカフェ@セビーリャ

他の町もそうなのかもしれないが、
セビーリャでは、中華料理屋や中国人経営の雑貨屋をちょくちょく見かける。
特に雑貨屋は、Made in Chinaの服や日用品が安く置いてあって、利用価値が高そう。

これはオマケ。スーパーで100円ぐらいで売ってるパテの瓶詰め。
パテ瓶整列@ロンダ
朝飯が無い宿では、これとパンを買って食べてる。
イベリコ豚、サーモン、ハムポテト、アンチョビ…etc、種類が10以上あって、
どれを食べても美味いので、食べ比べにハマッてしまう♪

------------------------------

さて、これから夜行バスに乗るため、ぼちぼちターミナルに移動します。
ちょっとアンダルシアでのんびりし過ぎたかな?
パリ発の飛行機まで2週間を切っているので、少し急がねば。

今夜は、ひとまず首都・マドリッドへ移動。
それもあくまで移動の基点にするだけで、そのまま乗り継いでさらに北上しようかと考え中。
北の海側まで出れば、フランスはもうすぐだ!

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-スペイン | 20:00:03 | トラックバック(0) | コメント(5)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。