■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アドリア海の真珠を背に…
スペインに入国して以来、約2ヶ月振りに、僕のパスポートにスタンプが押された。
それだけで、こんなに変わるんだなぁ…と。

スロヴェニアの首都・リュブヒャーナを経由し、クロアチアの北の港町・リエカにやって来た。
バスを降りて荷物を降ろすと、宿の客引きが寄ってきた。
これは実に久し振り。
モロッコまでは当たり前のことだったが、ヨーロッパに入ってからさっぱり無くなっていたので。
町のゴミの散乱具合、市内を走るバスの汚れ方、路地裏のちょっと怪しげな雰囲気、
早くも先進国を抜けてしまったような気がする。
…のだが、クロアチアは物価がけっこう高い。
特に移動費はかなりキツかった。ユーロ圏と大して変わらないんじゃないか?

リエカも乗り継ぎのみで、夕方発の夜行に乗って、一気にクロアチアの南端へ。
やって来たのは、アドリア海に面する小さな町・ドブロヴニク。
ここがトルコへ戻るまでの、ヨーロッパ最後の目的地。
まず最初の感想は…、暑い!
スロヴェニアでもだいぶ暑くなってきていたが、ここはさらに暑い!
海風が心地良い…、なんて全く感じられないぐらい暑い!
むしろ、その湿気を含んだ空気に汗が噴き出す感じが、日本の暑さを思い出させる…。

あぁ~、快適なスイスに戻りたいよぉ~なんて考えていたら、
トレッキングシューズの紐を留める金具を壊してしまった。
何かに引っ掛けたか、自分で踏みつけたか、「パキンッ!」と…。
右足がぶかぶかになった。大ショック…。

1人旅行者にはこの町で唯一の安宿と言えるユースホステルにチェックインしたが、
部屋に入った瞬間、汗臭い嫌な臭いが鼻に来た。
なんと、この暑さで部屋に冷房が付いていない…。
いや、別にこれがアジアや中東の安宿なら、その程度で文句は言わないさ。
でもね、ここっていちおうヨーロッパでしょ?
値段だって、スペイン辺りで泊まってた宿と変わらない金額を取ってるんだから、
もうちょっとなんとかしてくれよ…。
ちなみに、2人以上なら客引きが紹介してくるプライベートルームに泊まる手もあるのだが、
基本的にツインからしか無いらしく、1人では割高になってしまうため、
この日はここに泊まるしかなかった。

これはもう、早くヨーロッパを出て行けということだな!
勝手にそう判断し、ドブロヴニクは1泊のみと決めた。
この日のうちに、翌日のマケドニア・スコピエ行き夜行バスのチケットを購入した。
(でも、これも高かった…。もう泣きそう。)

暑さのピークを過ぎた頃から、見どころである旧市街へ散歩に行ってみた。
城壁に囲まれた旧市街はとても小さく、1時間もかからずにぐるっと見れてしまう。
個人的には、観光客向けの店ばかりで、特に面白くはなかった。
城壁の上から町を見下ろしながら歩けるコースがあって、上ってみたかったのだが、
それだけで約1,000円も取るらしい…。ヤメた!
旧市街の北側には、1時間ほどで登れる丘がある。
明日の朝イチでそこに行く。ドブロヴニク観光は、その景色に賭けることにした。

いちおう、旧市街で撮ってみた写真。これは賑やかな目抜き通り。
賑やか目抜き通り@ドブロヴニク

なんとなく、窓。
光の窓@ドブロヴニク

なんとなく、時計。何時でしょう?
何時でしょう?@ドブロヴニク

翌日、「熱帯夜」のような夜が明け、多少は涼しくなった早朝に、早速宿を飛び出した。
(以降、少々汚い話題になりますので、お食事中の方は控えられた方が懸命かと存じます。)

ちょうど丘に向かう上り坂に入ったあたりで、急にお腹からお尻の辺りが警報を送ってきた。
この感じは…、ちょっと水っぽいな。前日に水を飲み過ぎたか…。
このまま登り続けても、トイレは無いだろう。
だが、この感触だと、登って下りるまでは絶対にもたない。
仕方ない、木陰で処理させて頂くか…。

正直言って、ここまでは、今までも何度かあったこと。
しかし、この日はちょっと困った。
前日にズボンを履き替えた際に、
後ポケットにトイレットペーパーを入れ忘れていたことに気付いたのだ。
いつもはこのような緊急用のために、数回分を詰め込んであったのだが…。

紙が無い…となると、戻るしかないか?
いや、でも今登らないと日が上り過ぎて、
せっかくの景色を見るいいタイミングを逃してしまわないか?
そこで思い付いたのが、飲料水として持ってきた1.5リットルのペットボトル。
まだほとんど飲んでいない…。
1分ほど悩んだ結果、決定。…やってみるか。
まさか、こんなところで「アラブ式」デビューすることになるとは…。

ご存知の方も多いと思うが、アジアの一部地域や中東圏などのトイレには、
基本的に紙が置いていないことが多い。
代わりに、個室内には蛇口が1つと、小さな手桶のような水差しのような、
何かしら水を溜めて注げるものが置かれている。
その水を使って、自らの左手をもって排便後のお尻を洗浄するのが、通称「アラブ式」。
イスラムでは、左手は「不浄」とされているが、
この行為によって、名実共に「不浄」になるのだ。(たぶん)

情けないことに、中東圏を2ヶ月以上も旅していながら、
僕はその間ずっと手持ちのトイレットペーパーに頼っていた。
本当に追い込まれたらやるつもりではあったが…、
それがヨーロッパで訪れるとは、さすがに考えていなかった。

しかし、やはり人間追い込まれると、意外に躊躇無くイケるものである。
ひとまず用を足した後、僕の左手は、
右手のペットボトルから注がれる水と共に、ガシガシと自らの穴の周りを洗っていた。
いやしかし、何事も経験とはこのこと。
話には聞いていたが、これは気持ちいいぞ?
考えてみれば、いわば手動ウォシュレットじゃないか。
お尻で感じる水のひんやり感が、けっこう快感だったりする。

かくして、僕の左手も晴れて(?)不浄になったわけだが、
余った水でちゃんと洗ってあげれば、意外と臭いも残らないんだな。
既に十分に暑くなってきた日差しと大量の汗さえも気持ち良く感じるほど、
僕は非常に爽快な気分で、再び丘の上へと歩を進めていった。

そして、予想していた通り、
丘の上からは南西の方向に、キレイに太陽に照らされた旧市街を見ることができた。
よくドブロヴニクを紹介する写真や絵ハガキで見るような、
アドリア海の深い青とオレンジの屋根のコントラスト。
「アドリア海の真珠」と称される美景が、確かにそこにあった。

せっかくの美景を、汚い話題で汚してしまってごめんなさい!
アドリア海の真珠①@ドブロヴニク
アドリア海の真珠②@ドブロヴニク

実は、このドブロヴニクに来るだけで、かなりルート的には回り道になっていたのだが、
ヨーロッパのラストをここに選んだのは、間違いじゃなかったかな。
既に十分だったヨーロッパの満足度が、これで完全なものになった。

心置きなく、さらばヨーロッパ☆

…え、マケドニア(スコピエ)?
あそこは乗り継ぎのついでにちょこっと歩いたけど、
特に日記にするようなネタは何も無かったので…。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-クロアチア | 20:35:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
目覚ましブルー
今度こそザルツブルグから乗り込んだ列車は、
順調にスロヴェニアの国境駅までやって来た。
そこからバスに乗り継ぎ、ブレッド湖という湖に向かう。
ガイドブックによると、ユリアン・アルプスがバックにそびえる真っ青な湖で、
スロヴェニアの誇る美景なのだと。
でも、そうやって大袈裟に褒めている場所ほど、
行ってみたら裏切られることが多いんだよなぁ…。
正直なところ、あまり大きな期待はしていなかった。

が、バスターミナルから少し歩いて、湖の色が見えた瞬間、僕の頭が一気に覚めた。
なるほど、これは本当に誇れるだけの風景かもしれない。
そのぐらい、鮮烈にキレイな青が僕の目に飛び込んできた。

宿にチェックインしたら一眠りしようと思っていたけど、ヤメ!
荷物を置いたら、湖畔を1周すべく再び外に繰り出した。
ブレッド湖は小さい。徒歩で1周しても2時間前後。
ちょうど適度な距離の散歩コースになっている。

目を覚ましてくれた美景。
スロヴィニアが誇る美景@ブレッド湖

親子ガモ、再び。
親子ガモ、再び@ブレッド湖

幼い背中たち。
幼い背中@ブレッド湖

黄金の葉と水の色。
黄金の葉@ブレッド湖

たんぽぽと水の色。
湖面の色と花の色@ブレッド湖

実はここはリゾート地で、数ヶ所ある浜では、涼しい湖水浴を楽しむ観光客で溢れていた。
水着のお姉さんが多いのは結構なことだが、この風景は、もっと静かに浸りたい。
そこで、翌朝早くに起きて、再度1周を歩いてみた。

早朝にボートが一隻。
朝一でボート@ブレッド湖

逆光でも美景。(前日の写真と同じ場所で)
逆光でも美景な場所①@ブレッド湖

太陽を入れてもう1枚。
逆光でも美景な場所②@ブレッド湖

ブレッド湖からバスで1時間弱のところには、もう1つ湖がある。
そちらも負けず劣らず美しいとの評判で、
当初はもう1泊してそちらも行こうと思って来ていたのだが、
この早朝ウォーキングで十分に満足してしまった。
宿は1泊でチェックアウトし、さらに移動を続ける…。

ブレッド湖で泊まったホステルでは、留学先のイギリスから旅行に来ているNさんと知り合った。
彼は旅先を歩く際に折り紙を持ち歩いていて、
出会った人たちに鶴や船を折ってプレゼントしてあげているのだそうだ。
これはナイス・アイデアだなぁと思った。
日本の文化の一つでもあるし、何より自分の手作りで気持ちを込められるのが素晴らしい。
Nさんは、快く僕に鶴の折り方を教えてくれた。
いちおう中学生の頃に折ったことはあったのだが、もう完璧に忘れていた。
合わせて、Nさんの手持ちの折り紙も数枚分けて頂いた。
その後、早速バスで出会った子どもなどに折ってみせて、好評を頂いている。
Nさん、ご教授ありがとうございました!

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-スロヴェニア | 20:20:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
ドレミの歌が無限ループ
話は少し遡り、スイスからイスタンブールに至るまでの1週間の話。

最初に訪れたのは、オーストリアのザルツブルグ。
その郊外に、ザルツカンマーグートという美しい湖水地方があると聞いていた。
なんでも、映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台にもなったという。
きれいな湖に弱い僕は、その誘惑に乗せられてふらふらと向かうこととなった。

駅前からのバスで向かった先は、ザンクト・ギルゲン。
しかし、走り始めた頃は快晴だった空に、見る見るうちに薄雲が…。

ザンクト・ギルゲンは、ヴォルフガング湖という湖に面した小さな町で、
そこから対岸に位置するザンクト・ヴォルフガングという町に船で渡る予定だった。
が、この船が距離の割にやたら高い!
しかも、薄曇りで船旅気分でもないし…。
結局、3時間のハイキングコースを歩いて行くことにした。
しかし、寝不足のせいか、スイスの疲れが残っているのか、予想外にキツい上、
薄日のクセにやたら暑い…。3時間後にはすっかり汗だくフラフラ。
それでもテンションを上げようと「ドレミの歌」を口ずさんでいたら、
いつの間にか頭の中で無限ループ状態になっていた。

ザンクト・ヴォルフガングからは、湖を見下ろせる山への登山列車が出ている。
この山の上にあるお花畑と湖の展望が美しいと聞いていたのだが、
空模様は相変わらずだし、これまた高い!
スイスカードのような半額機能を持っていない今では、苦し過ぎる…。
とりあえず明日朝晴れたらもう一度考えようと、結論先延ばしにして宿探しに入るが、
すっかりリゾート地の雰囲気で、安宿など無い感じだ。
そこで、まさかのダメテント再登場!
まだ捨ててなくて良かった…。

しかし、翌朝目覚めた時は雨。
最後の最後まで、雨漏りに悩ませてくれたテントさん。
それでも、コイツがあって本当に助かった。

雨漏りテント、最後の勇姿。
最後の勇姿@ザンクト・ヴォルフガング
これを撮ったのは、初日の夕方。1時間ほどだけ、雲が切れて陽が出ていた。

これはお遊び。
テントでアート
雨上がりに、テントの内側から撮ったらこうなった。

さて、起きた時点で山に上がるのはあっさり諦めて、
とりあえず写真の整理でもしつつ、天候回復を待っていた。
そのままザルツブルグに帰ることも考えたが、
10時頃には晴れ間が出てきたので、もう一つの目的地・ハルシュタットに行ってみた。
湖面すれすれに迫る町の景観が美しく、世界遺産にも登録されている場所だ。

相変わらず「ドレミの歌」をループさせながら、湖畔をぶらぶら。
感想は、うん、まぁ…こんなもんかなって感じ。
いかん、この感動の薄れは、恐れていたスイスの後遺症か?

よく写真になっている角度から。
ハルシュタットの湖畔風景①
クレーンがものすごく邪魔!

反対側から。こちらの方がきれいかも。
ハルシュタットの湖畔風景②

ふむ、これで帰ってしまうと、話のネタ的にも物足りないような気もするな。
ここで一つオーストリアの味を試しておくのも悪くない。
そう独り言をつぶやき、Barのカウンターに座る自分。

飲んだのがこちら。ロゴを見る限り、ザルツブルグの地ビールらしい。
ザルツブルグビア@ハルシュタット

久々に美味いビールを飲んだ~♪
実はスイスも意外とビールは安くて(500mlで100円未満~ある)、
節約生活と言えどちょくちょく飲んではいたのだが、
炭酸ばかりでコクがまるで無かったり、ハッキリ言って味は物足りないものが多かった。。
写真を載せた氷河でのビールもそうだが、山歩きの後だったから飲めていた気もする。
ただし、これはあくまで安いものばかり飲んだ上での感想なので、
これだけで「スイスのビールはダメ」などと言うつもりはない。
一方、オーストリアビールは、スイス入国前のフェルドキルヒでも瓶を買ってみたが、
ドイツほどでは無いにせよ、十分にコクがあって満足だった。

さて、この店には、あのチェコで気に入った「ブドヴァル」も置いてあるようだ。
では2杯目いっちゃいますか~☆
…と思ったところで、時計を見た。
1時間1本しかないバスの時間が、既に走らないとキツいぐらいに迫っている。
ここで30秒も迷った自分には、自分でもちょっと呆れた。
結局はバスへ走る方の選択肢を取ったので、まだ救いはあるか?(笑)
飲酒後の猛ダッシュで一気に酔いが回ったが…、なんとか飛び乗ることができた。

この日は動き出しが遅かったせいで、ザルツブルグに戻るのが予定より遅くなった。
本当は少し街歩きをしたかったのだが、時間が無くなってしまった…。

でも、それよりもアジアな頭になっている僕に、もう1泊という選択肢は無かった。
次の目的地であるスロヴェニア方面に向かう夜行列車は、日付が変わって1時頃の発車だった。
数分遅れてようやくやって来た列車に乗り込むと、既にけっこう込んでいたので、
後ろの方の車両に座席を探しに移動した。
それでもやっぱり空きが無くて、仕方なく乗降口近くの通路に座り込むことに決めた。

しかし、列車がなかなか発車しない。
最初は乗降を待っているのかなと思ったが、外を見ても、もう新たに乗り込む客はいなそうだ。
ふと、列車の前方を扉から顔を出して覗いてみた。

…あれ?
さっき、僕が最初に席を探していた車両が無い。

正確には、自分が今乗っている車両から見て2つ前の車両から先が、
切り離されてどこかへ消えてしまっていた。
恐る恐る、今自分が乗っている車両の外に張ってある行先表示を見た。

あはは、ブダペストだって。
これはもうハンガリーに戻ってワインを飲めってことか?
…んなわけあるかい!

バスはなんとか間に合ったが、列車でやらかしてしまった。
次の列車は、朝6時過ぎ。
かくして、またもザルツブルグ駅の待合室にて夜を明かすハメになったのであった。

「またも」と言うのは、実はザルツブルグに着いた日も、駅構内で一夜を明かしたから。
スイスを抜ける際、思い付きで行きと違うルートを通ってみたら、
思った以上に時間がかかってしまい、ザルツブルグ到着時の空は既に真っ暗。
とっくにインフォメーションも閉まっているし、しばらくネットに繋いでいなかったため宿情報も無く、
もはや探し回るのが面倒だったので、24時間空いている駅の待合室にステイしてしまった。
しかし、まさかその2日後にまたここにいるハメになるとは…。
早くも移動の疲労が蓄積していくのであった。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-オーストリア | 20:00:14 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。