■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アルプス番外編③ ― そこに生きる者たち
番外編のラストは、生きものたちに飾って頂きましょ。

まずは、牛さんのいる風景。
牛のいるアルプス

続いて、羊さんのいる風景。
羊のいるアルプス①
羊のいるアルプス②

のぼー…。
のぼー…
アレッチ氷河展望のハイキングから下りてきたら、コイツが迎えてくれました。

犬も夢中になる青さ。(水着のおねーちゃんがいたのと同じ池にて。)
犬も夢中で泳ぐ池

アメンボの影。
アメンボの影

岩陰のマーモット君。
岩陰のマーモット君

絶壁の際に立つ、アイベックス。
アイベックスの表情①

こんな表情も。
アイベックスの表情②

アルプスに生きる姿。
アイベックスの表情③
アルプスに生きる、アイベックス
彼らには、最後の最後、サース谷での「もう1本!」で上った時に出会った。
まるで彼らが僕を迎えてくれたかのようで、胸が熱くなった。

------------------------------

この2週間足らずの日々は、まさに夢のような時間だった。
前にも書いたように、僕はスイスに対して強い憧れがあった。
どうしてもスイスだけはベストシーズンに来たくて、
この旅の計画も、「6月下旬~7月上旬にスイス」だけは最初に決めていて、
それに合わせてルート作りをした部分が大きい。
(フランスからスイスを越えてハンガリーへ行き、
また戻って来るという変なルートを組んだのもそのためで…)
写真を見ながら「これを見たら、他に何を見ても感動しなくなっちゃうかも」なんて幻想を抱くほど、
過剰な程の期待を抱いて来てしまった場所でもあった。

しかし、この地はその期待を全く裏切らなかった。
強いて唯一の心残りを挙げるなら、
朝焼けと夕焼けが見られなかったことかな。(その写真が無いのに気付いた人もいるかな?)
これは、泊まった場所が全て谷の中だから仕方無い。
仮に山小屋に泊まって朝夕を山の上で過ごしたとしても、
この滞在期間中は朝夕に雲がかかる日が多かったから、結局見られなかった気もするけれど…。

海外で「住みたい」とまで思った場所は、僕にとってはこれが初めて。
(冬のアルプスの厳しさを知ったらまた感想が変わるのかもしれないが…)
もちろん、この旅で訪れた他の場所も、いずれ大切な思い出に変わるのだと思うけれど、
ここは今既に、「一生忘れない」という気持ちを抱かせられている。

もちろん、「また来たい!」と思う気持ちは強い。
ただ、この先しばらく、ここを訪れることは無いと思う。
スイス・アルプスは、再び憧れの地として、僕の中に大切にしまっておきたい。
そして、ツェルマットで出会ったご夫婦のように、サース谷で出会った旅人のように、
歳を重ねて仕事を引退した頃に、また自由な個人旅行で訪れて、朝から夕方まで歩き通す。
20代半ばにして、1つ老後の楽しみと目標ができた。(笑)

それまで、どうか変わらないで待っていて欲しい。
圧倒的な景色と最高の青空で、再び僕を迎えて欲しい。
その時もきっと、この足でいっぱい歩くから。

ありがとう、スイス・アルプス。また会おう!
ありがとう、スイス!

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-スイス | 17:15:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
アルプス番外編② ― 彩りの花々
「おい、高山植物真っ盛りの時期に訪れておいて、花の写真が全然無いぞ?」
…と気付かれた方がいたかどうかは知らないけど、ちゃんとあるのです。
むしろ、花の写真だけで量が多くなり過ぎた…。
なので、1つの記事としてまとめさせて頂くことにした次第。
お気に入りの花でも見つけちゃって下さいな☆

(枚数多いので、重くなったらごめんなさい。)

①レッド&ピンク系
アルプスの花・レッド&ピンク①
アルプスの花・レッド&ピンク②
アルプスの花・レッド&ピンク③
アルプスの花・レッド&ピンク④
アルプスの花・レッド&ピンク⑤
アルプスの花・レッド&ピンク⑥
アルプスの花・レッド&ピンク⑦
アルプスの花・レッド&ピンク⑧
アルプスの花・レッド&ピンク⑨
アルプスの花・レッド&ピンク⑩
アルプスの花・レッド&ピンク⑪

②ブルー&パープル系
アルプスの花・ブルー&パープル①
アルプスの花・ブルー&パープル②
アルプスの花・ブルー&パープル③
アルプスの花・ブルー&パープル④
アルプスの花・ブルー&パープル⑤
アルプスの花・ブルー&パープル⑥
アルプスの花・ブルー&パープル⑦
アルプスの花・ブルー&パープル⑧

③イエロー系
アルプスの花・イエロー①
アルプスの花・イエロー②
アルプスの花・イエロー③
アルプスの花・イエロー④
アルプスの花・イエロー⑤
アルプスの花・イエロー⑥
アルプスの花・イエロー?

…あ、ニセモノが一個混ざった?ご愛嬌ご愛嬌。

④ホワイト系
アルプスの花・ホワイト①
アルプスの花・ホワイト②
アルプスの花・ホワイト③
アルプスの花・ホワイト④
アルプスの花・ホワイト⑤
アルプスの花・ホワイト⑥

大トリはこちらで!みんなが知ってる「エーデルワイス」。
アルプスの花・大トリ①
アルプスの花・大トリ②

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-スイス | 16:55:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
アルプス番外編① ― 飛びたい衝動
いいなぁ…
アルプス・フライト①

いいないいなぁ…
アルプス・フライト②

あ゛~
アルプス・フライト③

う゛~
アルプス・フライト④

うらやましい!
アルプス・フライト⑤

来る前から予想はしていたけども、案の定、猛烈な飛びたい衝動に駆られた。

タンデムフライトを終えて降りて来た兄ちゃんに尋ねたところ、
「ビジターフライト?あぁ、フリーだよ。」だって。
ホントに!?この絶景フライトをタダで楽しんじゃっていいんすか!?

但し、それには「自己責任」って言葉が付いてくるのだと思う。
スイスの場合、実はハイキングコースもそうなのだが、
コース表示で「上級アルピニスト向け」や「一般ハイカー向け」を分けてはいるものの、
そこから先に進むか否かの判断は全て個人に委ねられる。
自分の技量と気象等の条件を自分で判断し、
その上で「フリー」に楽しんで下さい、ということだ。
でも、「フリー」の本質ってそういうことだと思う。
自分の好きなようにできることは、実は管理されるよりもずっと難しい。

初めての、しかも海外のエリアで1人で飛ぶ勇気は僕には無いけれど…、
でもやっぱり、うらやましい!
アイガー北壁でリッジソアリングして4,000mトップアウトとかしちゃいたいよ~。(←無理)

あの風の音、バリオの音…、
飛んでいる時の感覚を思い出した。
もう何年も飛んでないけれど、また飛べるかな…?
今はまだ、いつになるかはわからないけれど、絶対にまた飛びたい。
きっと飛べるよね。飛びたい気持ちさえ忘れなければ。

絶好の風の誘い。
絶好の風

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-スイス | 16:40:23 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。