■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
再会は果たせるか?
北部山あいの町・メーサローンで泊まっていた宿で、
同じく旅行で来ていた1人のタイ人と知り合った。
名はプレチャさんといい、顔は若く見えるが、僕より少し若いぐらいの息子がいるおじさんだ。
かつて「スズキ」のバイク部門で働いていたという彼は、
10数年前に1年間日本にいたことがあるらしく、
それもあって日本人の僕を見て話しかけてくれたようだ。
今はだいぶ忘れてしまったらしいが、ほんの片言だけ日本語を喋る。

一緒にビールを飲み交わしながら僕の今後の旅の予定について話していたところ、
「バンコクへ来るなら、ウチへ遊びにおいで。」とお誘いを頂いた。
ちょうどこの頃は悶々モヤモヤモードに突入していた時で、
まさにこのような、何か面白いことが起こりそうなキッカケが欲しかったところだったので、
是非時間を作って遊びに行ってみようと思っていた。

プレチャさんの家は、バンコクの北隣であるパッタンターニーという町にあるらしい。
僕のメモ帳には、彼が英語とタイ語で綴ってくれた住所と電話番号がある。
「車で迎えに行くから、列車の駅に着いたら電話をくれればいい。」と彼は言っていたのだが、
恐らくこの電話番号を使うことは無いだろうなと僕は思っていた。
なぜって、彼の日本語レベル(英語は全くわからない様子)では、
電話で確実にコミュニケーションを取れる自信が無かったから。
もし行くとするならば、住所を頼りに自力で尋ね回って辿り着くしかないだろう。
もちろん、そこが面白そうだなと思っていたのだが…。

当初僕が考えた予定では、ピッサヌロークからバンコクへ南下する際に、
パッタンターニーへアクセスしやすい駅で途中下車して向かおうかと考えていた。
(その場合は、プレチャさん宅に1泊お世話になるつもりで。彼もその前提で誘ってくれていた。)
…が、これは変更を余儀無くされてしまう。
ピッサヌロークからは、また味を占めて3等鈍行列車に乗ったのだが、
これが予定より3時間も遅れ、昼過ぎにバンコク着の予定が夕方になってしまった。
いくらなんでも、その時間から辿り着けるかどうかもわからない場所を目指すのは不安だし、
仮に辿り着けたとしても、真っ暗になった頃にノコノコやって来てはさすがに迷惑だろう。

結局、この日(16日)は終点のフアランポーン駅まで乗ってバンコクに泊まった。
また、翌日(17日)はイケさんと会う約束があった(前回の記事参照)ので、バンコクに留まった。
19日バンコク発インド行きのフライトを予約済みであったため、
出直しリトライのチャンスは、18日が最後だった。
19日のフライトは午前中のため、当日は早朝のうちに確実に空港へ向かう必要があることを考え、
プレチャさん宅に泊まるのは諦め、日帰りでバンコクの宿へ戻るつもりで出掛けることにした。

「パッタンターニーへ行くには何番のバスに乗れば良いか?」
宿から程近いツーリストインフォメーションで聞いておいた情報通り、
まずは「33」番のバスに乗り込んだ。
車掌さんに運賃を渡した際に、すかさずメモ帳を開いて見せた。
(このために、英文字と合わせてタイ文字でも住所を書いておいてもらったのは正解だった。)
愛想の良い車掌さんは、次は「114」番のバスに乗り換えるよう教えてくれ、
丁寧に降車場所まで指示してくれた。

「114」のバスはすぐにやって来たが、これが例の無料バスだった。
何が困るって、無料故に、最も道を尋ねやすい車掌さんがいないのだ。
とりあえず、その辺の乗客を捉まえて尋ねてみると、
親切なお姉さんが、「522」番に乗り換えるよう教えてくれた。

「522」はエアコン付バスだったため、通常の窓全開オンボロバスよりも3倍近く運賃が高い。
(…と言うよりは、エアコン無しバスの運賃が安過ぎるのかな。)
けど、車掌さんがいるのは有難い。
この車掌さんは英語が全くわからなかったようで、
タイ語で書かれたメモの内容は理解してくれたが、
その後僕にどう指示をしていいのかしばし悩んでいるように見えた。
乗客の中に英語のできる人を探して回り、そのヘルパーさんを介して僕に伝えてくれたのだった。
で、今度は「543」番に乗りなさいと。
正直、そろそろ着くかと思ったのだが、まだ乗り換えるのか…。

「543」のバスを待っていたら、目の前を「114」のバスが通過していった。
つまり、「522」に乗り換えた意味無かった…?
まぁ仕方ないんだけどね。
恐らく「522」も「543」もパッタンターニーに行くには違いないのだろうけど、
パッタンターニーと言ってもかなり広いようだし、
「543」の方がより近くまで行けるということを、
たまたま乗った「522」のお姉さんが詳しく知っていたのだろう。
僕は目的地が東西南北どっちの方角なのかもわからない状態なので、
多少回り道をしたとしても、彼女らに託すのが無難だった。

「543」のバスの車掌さんの指示通りに停留所で降りると、
数台のバイクタクシーが屯していた。
彼らに住所を見せて尋ねてみると、あと2kmぐらいだと言う。おぉ、近いぞ!
教えてもらったのに申し訳なかったが、残りは歩いて行くことにした。

だいたい20分程歩いたところで、市場を発見。
小腹も空いたので、串物を2本買って、その店のおばちゃんに道を尋ねたところ、
ちょっと行き過ぎていたみたいだ。
少し戻ったところの交差点で再度尋ねると、これがドンピシャリ。
教えてもらってよく見ると、メモ帳にあるのと同じ名前の通りの表示がそこにあった。

長くまっすぐな通りには、両側にズラリと家が並んでいた。
有難いことに、各家のドア脇には番地が記された札が付いていたため、
あとはその番号を追って行くだけ!

メモ帳と一致する番地の家の玄関先には、おばちゃんが1人いた。
一瞬、間違えたか?と思ったが、
おばちゃんにメモを見せながら「プレチャさんに会いに来た」ことを伝えると、
そこが間違いなくプレチャさんの家であることが判明!
(後でわかったが、このおばちゃんがプレチャさんの奥さんだった。)

いやぁ~、なんとかなるもんだ。
もちろん、全ては親切に道を教えてくれた人たちのお陰なんだけど。

生憎プレチャさんは留守だったが、
ここでも隣の家のおばちゃんが親切にプレチャさんに電話を掛けてくれて、
1時間もすれば戻るとのことだったので、家で待たせてもらうことになった。
その間も、飲み物やフルーツを持って来てくれたり…、本当に心遣いが温かかった。

そしてそして、ようやくプレチャさんと再会!
メーサローンで会った時と変わらない、人懐こい笑顔で握手を交わしてくれた。

プレチャさんの家は、今は奥さんとの2人暮らし。
なのだが、家にはひっきり無しにご近所さんが遊びに来るので、
とても2人の家には思えない程に明るい笑いが絶えなかった。

僕はお言葉に甘えて夕飯をご馳走になって行くことにしたのだが、
夕飯もまた、ご近所さんを交えての賑やかな食卓となった。
ご近所団欒@パッタンターニー
外のガレージにゴザを敷いて、みんなで大皿を囲んで…、
この雰囲気、すっごく落ち着くよ。
今日は僕が来たから特別なのかと思ったら、
週に2回はこうしてみんなで集まって食事をしているんだって。

料理の方は、プレチャさん(一番左)の奥さん(左から2番目)の手作りで、
豚肉と野菜の炒め物に、魚のスープに、激辛野菜サラダに、甘辛ダレの煮玉子。
いずれも香辛料とナンプラー(魚醤)による、タイらしい味付けだった。
本当のタイの家庭料理を味わうのはこれが初めてだったけど、お世辞抜きに美味い!
調子に乗ってご飯を2回もおかわりさせて頂いてしまった☆
味そのものはもちろん、この食事の雰囲気がとにかく嬉しくて…。

やっぱり、本当ならば1日泊めて頂いて、
もっとゆっくりビールを飲み交わす時間を作りたかったな。

帰りは、バスの通る幹線道路まで車で送ってもらった。
「29」番のバスが、ここからバンコクのターミナル駅まで行くらしい。
そんな気はしてたけど、やはりもっと簡単に来れるルートがあったのね…。

別れ際に、「またタイへ来る時は、ウチへ遊びに来なさい。」と言ってくれたプレチャさん。
僕にも、帰って来たい場所が見つかった。

コープクンクラッ(=ありがとう)、きっとまたね!

------------------------------

下調べもロクにせず、見どころらしい見どころもほとんど行かず、
僕はこれでタイの滞在を終えてしまうけれど、
なんだかんだで僕なりに楽しめたので、これで良かったかな~と思う。

当初は、インドの後にもう一度タイへ戻って来る予定で考えたけれど、
ルートの都合上、恐らく今回の旅ではもう戻らない可能性が高くなった。
今は、それが寂しいと感じている。
そう思えるだけ心に残るものができたということは、幸せなことなんだろうね。

さて、次はいよいよインド。
「いよいよ」と言うあたりに、ちょっと力が入っている。
今更何を身構えてるのか、自分でもよくわからないのだけど、
インドという国は、何かそれこそ常識破りの世界が待っていそうで、
ちょっぴり怖くもあり、そこが魅力的でもあり。

本当に幸運なことに、ここまで大きなトラブルも病気もほとんど無く来れたけれど、
このインドが鬼門になるんでしょ~か?

スタート(入国)はデリーから。
ではでは、行ってきます☆

------------------------------

…と、ここまでタイにいるうちに更新したかったのだけど、時間が足りなかった。
今日は19日、無事にインドに入国してこの記事を更新しています。

昼頃に着いて少し街を歩いたけれど…、本当にここはスゴイ…。
今まで感じたことの無いような、圧倒的なエネルギーに満ちていて、
ここを旅していくのは、相当の体力が要りそうだなぁと感じています。

まだまだこれからがスタートだけど、面白くなりそうな予感です!

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-タイ | 19:00:26 | トラックバック(0) | コメント(2)
大都会の昼と夜
1週間前に暑さで逃げ出したバンコクへ戻って来たが、
やはりこの町の暑さは異常なのだと思う。
例えるなら、夏の東京都心をさらにひどくしたような感じか。
凄まじい交通量と過剰な冷房(店の中など、冷え過ぎ)を見る限り、
この町は典型的な「ヒートアイランド」状態にあると見える。

都市交通(地下鉄や、スカイトレインと呼ばれる高架線列車)の整備も進められているのだが、
運賃設定が市内バスに比べると数倍になっており、
「庶民の足」と呼ぶには敷居が高過ぎる気がする。

一方、一部の市内バスに関しては、なんと無料で走っている!
僕は初め何も知らずに乗り込んだので、ちょっと焦った。
誰も運賃を払っているように見えないので、
事前に切符を買っておかなきゃいけないのか?
ヨーロッパのように、切符が無いのがバレたら罰金になる仕組みだったりするのか?
などと不安になり、他の乗客に混じって逃げるように降車したのだった。
後でネットで調べたところ、物価の急騰によって市民の生活が圧迫されているため、
救済措置として政府が始めた政策の一つなのだそうだ。
(最初の予定期間は過ぎているようだが、今も景気が回復しないので延長しているのかな。)

けど、個人的には「無料化」が賢いとは思えないなぁ…。
同じ路線で有料バスと無料バスの両方が走っていることもあり、
そうすると乗客はどうしても無料の方に集中(表示があるので見ればわかる)するのが普通。
また、バンコクのバスは、たとえ停留所にいてもこちらが手を挙げないと停まってくれないのだが、
無料バスに限って、時に手を挙げているのに停まってくれないことがあった。
運転手にしてみれば、乗せても乗せなくても同じなわけだから、そうなるんだろうな…。
「半額」ぐらいにしておけば良かったのに…と思ってしまう。
それに、この機に渋滞対策も含めて対応するのなら、
バスでなく地下鉄やスカイトレインの値下げを図った方が効果的だと思うんだけどな~。

さて、バンコクと聞くと、どうしても僕の中では夜の街のイメージが強かった。
もうご存知の通りで、騒がしい都市の夜を好む人間ではないのだが、
これもタイの一面を見るためと思い、街へ繰り出してみた。

タニヤ通りの夜。
タニヤナイト@バンコク
日本人向けの飲食店やクラブやズラリと並ぶことで有名な歓楽街。
怪しい勧誘も多いと聞いていたので、少し緊張気味に歩き出してみたのだが…、

誰も声を掛けてくれないってのも寂しいぞ?

そりゃさ、明らかに金持って無さそうな風貌なのはわかってるけどさ…。
まぁ、月曜日ということで活気が無かった部分もあるのだろうが…。
どっちにしろ今の僕にとって場違いな場所には違いないので、
この写真1枚撮ってさっさと退散したのであった。

カオサン通りの夜。
カオサンナイト@バンコク
ご存知、「バックパッカーの聖地」とまで称される、
アジアはもちろん世界でも最大級のツーリスト街。
遅ればせながら僕もこの地にやって来たわけだけど、特に感想は無いなぁ。
もし旅の初めにここへ来ていたら、もうちょっと違った感慨があったかも?

チャイナタウンの夜。
チャイナタウンナイト@バンコク
昼も夜も熱気でムンムンだった場所。
漢字のネオンが輝き、屋台の匂いで溢れ、
僕の中では、(まだ行ったことの無い)香港がこんなイメージだったりする。

このチャイナタウンへ、ある日本人の方と落ち合って食事に出掛けた。
チェンマイへ戻る際のバスで出会ったイケさんは、アジアの旅歴30年を超える超ベテランの旅人。
今は仕事も引退され、1年の約半分をアジアで過ごしているのだそうだ。
そんな方の案内で、チャイナタウン内の行きつけの店へ連れて行って頂いた。
賑わう交差点の屋台で食事を楽しんだ後は、
まさに地元の飲み屋といった風情の、路地裏の小さなカラオケ屋へ。
僕ら以外の客は、もちろんタイ人のみ。
隣席の常連オヤジと乾杯して笑い合ってみたり、
ずーっとマイクを手離さないオヤジの歌に、どこか日本の演歌に近い曲調を感じてみたり。
3軒目に訪れたロータリー隅の小さな屋台では、
隣席で娼婦(と思われる)2人を相手に何やら交渉に入っている若い兄ちゃんを横目に見つつ、
店のおばちゃんや常連客と笑顔を交わすイケさんを羨ましく見ていた。
旅先に、「居場所」と呼べるような、帰って来られる場所があることって、素敵だよなぁ…。

あんた、いつから仏教徒に…?
仏教に目覚めた男@バンコク

時間があったので、昼間も歩いてみた。(今度こそは、暑さに負けずに…)
まずは、列車でバンコクへ来た時に気になっていた場所へ。

バンコクのターミナルであるフアランポーン駅から、北へわずか1kmほど。
地元の人々にとって、そこは生活の香り漂う歩道でもあった。
歩道的線路①@バンコク
歩道的線路②@バンコク
歩道的線路③@バンコク
この周辺には、線路脇スレスレで営業している商店や食堂もあったり、
人一人がようやく通れる迷路のような路地があったり、
バンコクにおける「下町」と呼べるエリアがこの辺りなのかもしれない。

ところ変わって、こちらはバンコク北東部にある幹線通り沿いで発見。
ジャスコアフタヌーン@バンコク
JUSCOだけでなく、右下(下から2番目)にも注目!

60バーツ均一。
60バーツ均一@バンコク
今は1バーツ = 2.8円ぐらいだから、日本より少々割高の価格設定。
店に置かれていた商品は、日本の店舗と全く同じ。
恐らく、ほとんどは中国から直輸入してるのかな?
改めて見ると、その品揃えの豊富さに驚かされる…。
和柄の食器類などは、こちらの人にウケるんじゃないかな?

ちなみに、このJUSCOの隣には、フランス系大型スーパーの「カルフール」が並ぶ。
試しにビールの値段を比べてみたら、1~2バーツJUSCOの方が安かった☆
国が変わっても、庶民の味方!

頑張れ日本企業!
頑張る日本企業@バンコク

大都市の上と下。
大都会の上と下@バンコク
写真では「下」の方がちょっとわかりづらいかな…。
個人的には、これぞバンコクらしい「混在」の一面なんじゃないかな~と思った。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-タイ | 18:40:35 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。