■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ある1つの地名を訪ねて…
財布が無くなった。
ほんの数分前、昼飯の勘定の時には確かにあった財布が、
ズボンのポケットからいつの間にか消えていた。

盗られたか!?
…いや、この数分の間には、そんな隙は無かったはず。
うっかり穴の空いている方のポケットに入れてしまい、歩いている間に落としたか、
あるいは、先程トイレに入っている間にポロッと落ちたか…。
自分が歩いた足取りを一通り再度歩いてはみたが、
辺りはバスターミナルのある人でごった返している場所だった。
見つかるわけもないな…。

失った金額は、約1,100元+10US$。合わせて約15,000円強か…。
帰国2週間前にして、この旅最大金額の落とし物をしてしまった。
幸いと言うか、財布には貴重品(カード類など)は入れていなかったが、
俺の失くし癖も、とうとうここまで来たか…と呆れるばかり。
「気を引き締めよ!」という、誰かからのメッセージだったのかな…?

返らぬモノを引き摺っていても仕方ないので、
なんとか気を取り直して、中国再々訪問第ニの目的地・壩美(バーメイ)へ。

以前、雲南省の観光地を調べていた時に、
「文山(ブンシャン)」という場所の紹介ページに目が止まった。
それは美しい、まさに秘境のような写真がそこに載っていたのだが、
その写真の地が文山のどこにあるのかはわからなかった。
さらに調べてみると、文山とは、1つの町の名前であると同時に、
その町を中心とする自治州の名前でもあり、その範囲は広大だった。

それでも、文山という場所に何か惹かれるものを感じた僕は、
さらにネット上で文山の見どころ情報を探してみた。
そして、ある1つのサイトで見つけたのが、壩美という村。
紹介内容によれば、その村へは未だ道路が通っておらず、
小舟が唯一の交通手段なのだという。
洞窟を流れる川を越えることでのみ辿り着くことができるのだそうで、
秘境中の秘境、まさに「桃源郷」のイメージそのものの場所のように思えた。

まともな地図も持っていなかった僕は、
「壩美」という地名だけを頼りに、まずは文山の町へやって来た。
そのバスターミナル付近で壩美に関する聞き込みをしたところ、
文山の町から北東へ、さらにバスで約3時間程の場所にある、
広南(グァンナン)という町が基点になるらしい情報を得た。
ちなみに、この広南で僕は財布を失うことになったのだが…。

壩美へは、広南の街中から路線バスが出ていることがわかったのだが、
1時間に1本のはずのバスが、1時間半待ってもやって来ない。
僕らと同じく長時間待ち続けていて、
ついに痺れを切らした地元のおばちゃんが、乗合ワゴンタクシーを捕まえてきた。
案の定シェアメンバーを募って来たので、喜んで参加する。
壩美への道を進んで行くと、バスが来なかった理由がわかってきた。
ただでさえこんな道をバスが走るのか!?と思うほどの悪路な上に、
所々で工事を行っているために、通過に恐ろしく時間がかかっていたのだった。

そしてついに、名前しか知らなかった村・壩美へと到着した。
地図も情報もほとんど何も持たず訪れた町で、
自分の足で地元情報を集め、1歩1歩目的地へと進んで来た。
このようなほとんど行き当たりばったりに近い旅ができるのは、
たとえ多少でも言葉が使えることによる部分が大きいかな…。
他のどの国よりもマイナーでローカルな場所に足を踏み込められることもあって、
やっぱり僕にとっての中国の旅は、ちょっと特別な面白さがある。

幸か不幸か、壩美は既に政府公認の「風景区」として設定されていた。
「秘境」を期待していた場所が観光地化されてしまっていたことは残念ではあるが、
心配していた宿の有無については、これでクリアできた。
風景区内に観光客向けの宿が次々建てられており、
既に供給過剰気味で選び放題だった。
ちなみにこの風景区の正式名称(?)は、「世外桃源 ― 壩美旅遊区」だって。

調べてあった情報通り、村への唯一の交通手段は舟。

こんな洞窟を抜けて行く…。
村への入口@バーメイ

自然の造形。
自然の造形@バーメイ

光差す窓。
光差す窓@バーメイ

出口へ…。
洞窟出口@バーメイ

そして、村の風景が広がる。
洞窟の向こう側①@バーメイ
洞窟の向こう側②@バーメイ

水車が静かに回り続ける。
くるくる水車@バーメイ

村人たち。
村の暮らし①@バーメイ
村の暮らし②@バーメイ
村の暮らし③@バーメイ

中国版ガート。
中国版ガート@バーメイ
村の洗濯場(兼洗髪場)となっている川岸なのだが、
どうしてもインドのバラナシを思い出してしまう…。

草原の少女。
草原少女@バーメイ

村の宿での夕食。
大量3品盛り@バーメイ
油菜の炒め物、じゃがいもの細切り炒め、干し筍炒め、の3品。
中国の一品料理の量の多さをナメてたわけじゃないんだが、
それにしてもここは特に素晴らしいボリュームだった…。
とてもじゃないが2人では食べ切れず、
3分の1ほど残して、そのまま翌日の朝飯になりましたとさ。

ピーチフラワー。
桃花@バーメイ
今もなお、ここは現役(?)の桃源郷なのかもね。
中国内ではどれ程名前が知れている観光地なのかわからないが、
僕らの滞在中は、まだまだ観光客も少なくて、のどかな雰囲気を楽しめた。
かなりの辺境だけど、訪れるなら今のうちがチャンスかも?

夕雲模様。
夕雲模様@バーメイ

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-中国③ | 00:30:08 | トラックバック(0) | コメント(4)
第三次回来了。
カンボジアからベトナムへ渡って北上するという予定を聞いたところで、
既に薄々感づいていた方もいるかもしれないが、
そう、またしてもあの国に帰って来た。
そしてここが、この旅最後の訪問国となる。

よくもまぁ飽きもせず…と思われそうだが、自分でもそう思うよ。
でも、何かと縁を感じるこの国でラストを締めると言うのも、
ある意味自分らしいかなぁと思ってたりして。

まぁともかく、もう来ちゃいましたので、
第三次中国の旅、スタート!

ベトナム側の町・ラオカイから、中国側・雲南省河口(ハーコウ)への陸路国境。
入国審査官が、僕のパスポートにある前回入出国時のスタンプに気付いた。
前回、キルギスやパキスタンから新疆ウイグル自治区へ入った際、
やたらとチェックが厳しく嫌な思いをしたことを思い出す。
さぁ何を訊いてくるか?と構えていたところ、
「おぉ、お前ウイグルへ行ったのか?旅行かぃ?そうかそうか!」
…とってもフレンドリーでしたとさ。
荷物検査もまとめて機械に通しただけで、ボディチェックも無くあっさり終了。

今回はノービザ(15日まで滞在可)での入国で、
まずは前半で雲南省南部の見どころを回る予定。
河口から最初の目的地である元陽(ユェンヤン)へのバスは朝しか出ていないらしい。
乗り継ぎを狙ってもかなりの遠回りを強いられ、今日中に辿り着けるか微妙だったので、
やむなく河口に1泊して翌日から動き出すことにした。

早速予定外の時間ロスとなってしまったが、
せっかくなので河口の街をぶらぶらしていると、
色んなところで「相変わらずだな…」と感じる。
それは、デカイ声で話す中国人だったり、
バスのチケット売り場での割り込みっぷりだったり、
つっけんどんな店員さんの態度だったり…。
でも、またあれからいくつかの国を回って来たことで、
また少し違った印象で中国を見られるような気もしている。
特に、インドに行って来たことは何かと大きい。
あっちにいる時も時々思っていたことなのだが、
インドと中国の人々を比べて見ていると、
全く違う文化で違う民族なのにも関わらず、何かと共通する特徴が多いのが面白い。
一番似ていると思うのは、良くも悪くも自己主張が強いこと、かな。

中国再々訪問、その第一番目の目的地・元陽。
ここはもう、あれこれ説明するより、写真で見てもらった方が早いでしょう。
こんな風景を見て来ました。

棚田の丘。
棚田の丘@元陽

朝靄の集落。
朝靄の集落@元陽

色々棚田模様。
色々棚田模様①@元陽
色々棚田模様②@元陽
色々棚田模様③@元陽
色々棚田模様④@元陽
色々棚田模様⑤@元陽

桃の木と。
ピーチ&ライステラス@元陽

オレンジの反射。
オレンジの反射①@元陽
オレンジの反射②@元陽
オレンジの反射③@元陽

山荘での夕食(上)と朝兼昼食(下)。
4人の晩餐@元陽
4人の朝餐@元陽
宿のご夫婦と一緒に、4人で食卓を囲んだ。
中国では、やっぱりこうして大皿料理をみんなでつまむ方が楽しい。
料理名がわからんので、詳細説明はサボります…。
ぜ~んぶ美味かったけど、久々の油っ濃さが少々胃に堪えたな…。

耕す人。
耕す人①@元陽
耕す人②@元陽

ブレブレでごめんなさい。
ブレブレ親子@元陽
一風変わった衣服でわかるかと思うけど、
この辺りも少数民族の人達の多い地域だった。
元陽は日本のガイドブックにも載るほど有名な観光地になりつつあるけれど、
その割には、思っていたよりローカルな雰囲気が残っていたのが嬉しかった。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-中国③ | 00:10:19 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。