■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ギネス記録更新中
アチェン・ガルの次は、甘孜(ガンズー)という町でバスを乗り継ぎ、一気に北上。
再び四川省を抜け、青海省の南端にある玉樹(イーシュー)という町を目指す。

実はアチェン・ガルに行く際も甘孜には立ち寄ったのだが、
この時もすぐに乗り継いでしまったので、ほとんど何も見ていない。
本当はこの町の周辺にも幾つか見どころがあって、
当初は1~2泊してゆっくり回る予定だったのだが、
予定外にラルン・ガルとアチェン・ガルに時間を費やしてしまったため、
そのツケをどこかで払わなければならなかった。
限られた時間の旅。
「捨て駒」扱いにしてしまった場所には失礼だけど、どうしても、そんな時もある。

玉樹行きのバスで、珍しい旅人に出会った。
アルゼンチン人の兄妹2人で、
お兄さんは四川省の成都在住でスペイン語を教える仕事をしながら中国語を勉強中、
妹さんは薬学科専攻の大学生で、今は夏休みの旅行中。
このお兄さんは僕より1つ年下なのだが、驚くほど語学が堪能。
成都に来て1年程という彼の中国語は、ほとんど日常会話バッチリだし、
本人が「ちょっとだけ」と言う英語も、僕より格段に上手だし、
なんと日本語も話せる。(アルゼンチンで4年間勉強したらしい)
さらに、ポルトガル語とイタリア語もできるとのことで、
母国語のスペイン語を合わせたら、計6ヶ国語を操ることになる。
一方、中国に1年以上も住みながら、彼の足元にも及ばない僕の中国語。
勉強嫌いとは言え、さすがにちょっと恥ずかしくなった。

さて、玉樹の見どころはと言うと、町の東にあるジャナマニ(嘉納麻昵)。
その大きさが世界一と認められ、ギネスブックに認定されている「マニ石塚」。
石や岩に絵や文字が掘り込まれたものを「マニ石」と呼び、
それを積み上げたものが「マニ石塚」。

積み上げられたマニ石。
マニ石が並ぶ@玉樹

チベット人は石を積むのが好きらしい。
仏教伝来以前からそうだったと言うから、元々は信仰とは関係無いのかも。
マニ石塚の大きさは色々で、小さいものは人の背丈より低いのだが…。

世界一の奥行き。
世界一の奥行き@玉樹

参拝する人々。
マニ石塚参拝中@玉樹

道端では石が売られ…、
マニ石販売中@玉樹

また新たに石が積み上げられる。今もなお、ギネス記録更新中!
ギネス記録更新中①@玉樹
ギネス記録更新中②@玉樹

しかし、真剣に参拝していた大勢の人々には申し訳ないのだけど、
仏像や仏塔を前に祈りを捧げるのはまだわかるのだが、
この石の山が有難いという感覚は、イマイチ僕にはわからんかったな…。
ガイドブックの紹介文に、「あなたはその巨大さに感動するだろうか?呆れるだろうか?」とあったが、
僕は後者だったということで。

オマケ。玉樹を発つ朝の1枚。
彩虹@玉樹
おかげで、朝からテンション最高潮!

------------------------------

最近メールを頂いた皆様へご連絡。
このところ、自分のPCをネット接続させてもらえる店が見つからず、
その上、店のPCは日本語を使えないものばかりでして、
頂いたメールは読めているのですが、返信ができない状況になっております。
遅くとも月末には返信ができる環境になると思いますので、
申し訳ありませんが、今しばらくお待ちを…。
(同じ理由で、ブログ記事に頂いたコメントへの返信も遅れてます。ごめんなさい。)

さて、ならばこの記事はどうやって更新しているのか?
そこには並々ならぬ苦労が…。
(ウソ。事前に作った文と写真データをUSBで持ち込んでコピーしてるだけ。)
スポンサーサイト


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-中国② | 20:10:01 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
サハラ砂漠の砂嵐を思い出す写真がありました。

チベット~雲南省あたり行きたい‥。
旅人引退したつもりでいたのに、最近ムクムクと旅情が‥(涙)
2009-09-22 火 00:24:09 | URL | 砂漠で会ったトモ [編集]
虹すげ~
砂漠で虹見れたりうらやましい。
中国からは船で帰らないの?
だったら日程延ばしちゃえば?
ブログを参考に今日トドラから片道歩いて帰ってきたよ。
2009-09-22 火 02:58:16 | URL | たびかめ [編集]
生きてるみたいですね…再び(笑)
後半戦に突入しての中国…
いろんな意味での安全と感動を祈念しています。
2009-09-28 月 15:21:29 | URL | 藤倉 [編集]
>トモさん
僕もこの虹を見た時は、サハラを思い出してました。
砂漠の夕方と山の朝、シチュエーションは全然違うんですけど、
大地は同じ色に輝いてました。

旅の引退にはまだ早いのでは?
カナダの後には、ぜひ中国へ!
残念ながら、恐らく英語は役に立ちませんが…(笑)

>たびかめさん
ご無沙汰ですね~。今はモロッコにいるそうで。
ブログのタジンの写真を見て、懐かしくなりました…。
虹は置いといて、砂嵐の方は見れた(遭ってしまった)ようですね。

日本に帰る時は、ビューンと飛んでしまいたいですね。
どうも船とは相性が悪いし…。
でも、旅は今回の中国滞在で終わりじゃないですよ~。
アジアの国々が待っておりますので、まだまだ続きます☆

>藤倉さん
こんにちは。ご無沙汰してます。
おかげさまで、なんとか(?)生き残れております。
そちらは皆さまお変わりなく元気にお過ごしでしょうか?

やはりこの国だけはちょっと思い入れもあって、
今回改めて長々と歩いているのですが、
見れば見るほど(良くも悪くも)興味深い国ですね。

引き続き安全に努めて歩いて行きますので、また覗いてやって下さい。
温かいメッセージありがとうございました。
2009-09-30 水 03:34:05 | URL | joplus [編集]
虹すご~~~っ!
ブログを辿って行ったら、すっごい虹を見つけちゃった!
もっと、ぼわっとした、うっすらとした、そういう虹しか見た
ことがなかったので、七色ビームみたいで驚きました!!!
とにかく、驚かしてくれてありがとうございます。
2009-10-03 土 00:40:34 | URL | かのちゃん♪ [編集]
>かのちゃん♪さん
こちらこそ、訪問&コメントありがとうございます。
この写真は、自然に「撮らせてもらった」ようなもので、
僕が御礼を言われるほどのモノではないので、大自然に感謝!ですね。

後ほど、ゆっくりブログ拝見させて頂きます。
2009-10-03 土 19:21:36 | URL | joplus [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。