■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
4姉妹との対面
久々に「観光地」へやって来た。
丹巴から乗合タクシーを乗り継ぎ、日隆(リーロン)の町に到着。
ここの町自体には何も無いのだが、
四姑娘山(スーグーニャンシャン)という風光明媚な山々を眺めるトレッキング基点となる場所。

相変わらず、僕と山との相性はよろしいようで、
ここ1週間の悪天候がウソのように、眩しい日差しが照り付けていた。
丹巴の一件があったので、ここも宿探しに苦戦させられるかと思いきや、
乗合タクシーの運ちゃんが教えてくれた一軒目の宿で一発OK。
しかも、他の田舎町と変わらない安さ。観光地ゆえ、多少の値段アップは覚悟していたのだが…。
スムーズに宿が見つかったこの時点で、時計はまだ13時過ぎ。
トレッキングは明日の予定だったが、これは歩かなきゃ勿体無い!

四姑娘山周辺の観光コースとしては、主に3つのルートがあるらしい。
それぞれに入場料が要るのだが、
僕は3ヶ所全てに入場可能な3日間有効周遊チケットを宿のおっちゃんに売りつけられ…、
いやいや、安く譲って頂いた。
チケットに「感恩門票VIP」とあったので、恐らく元は無料で入手したものなのだが…、
2ヶ所行けば得をする値段で売ってくれたので、まぁ良いでしょう。
さて、では本日はどのルートへ行こうか。
宿のおっちゃんの話を聞くと、一番西側のルートだけは、
観光専用車(当然のごとく、車は要別料金)で巡ることになるらしい。
そもそもトレッキングが目的で来てるんだし、ここはパスで決定。
とりあえず今日は時間が時間だし、
宿から一番近場に入口のある、長坪溝(チャンビンゴウ)に行ってみることにした。

長坪溝のコースは、途中までは舗装道で専用バスでも行けるようになっている上、
その後はきれいな木道の道。
トレッキングコースと言うよりはお手軽な散策コースで、
恐らくツアー客などがメインで訪れる場所なのだろう。
山歩きを求めるなら物足りないけれど、翌日のための準備運動と思えばちょうど良かったかな。

ちなみに、バスは観光地料金でバカ高かったのでパス。
その区間約7kmも歩いて往復してみたのだが、
このルート上では、この区間が一番きれいに山を見渡せた。

右から、大姑娘山、二姑娘山、三姑娘山。
3人娘@日隆

そして、一番左の主峰・四姑娘山は…、
4人目の娘、雲隠れ中@日隆
照れ屋さんのため(?)、お顔は隠されておりました。残念!

木道の終点にあった風景。
中国の上高地@日隆

ここ四姑娘山エリアを、「中国のスイス」と例えることもあるらしいけど、
この風景を見る限りは、「中国の上高地」の方が似合ってると思う。

<参考>長野県上高地・大正池。
日本の上高地
写りが良い分、こっちの方がキレイに見えるか…?(2007年8月撮影)

「小さい考えは滑る」
「小さい考えは滑る」@日隆
なかなかユニークな訳だなと感心してしまった。格言みたい。
(本当は、「小心 = 気を付ける」の意味。英訳は正しい。)

そして翌日、僕の「ツキ」はまだ続いていた。
今度こそは美しいお顔が目の前に!
照れ屋さんのお顔拝見@日隆

4姉妹揃い踏み!
4姉妹揃い踏み@日隆

草原を入れて、もう1枚。
4姉妹揃い踏み②@日隆

「四姑娘山」は、この4連山のうち一番高い左の山の名前なんだけど、
一般に「四姑娘山」と呼ばれているのは、これら4連山の総称みたいね。

2日目に向かったのは、海子溝(ハイズーゴウ)のコース。
長坪溝の道を想定してナメてかかっていたら、ここは本格的な山道だった。
コースの名にある「海子(ハイズー)」とは湖のことで、
地図によると、その名の通りコース上にはいくつか海子があるようだ。
…が、歩いても歩いても、一向に湖が見えてこない。
結局、地図上で一番手前にあった「大海子(ダーハイズー)」までで片道4時間!
その奥にも道は続いていたが、日帰りではここまでが限界だった。

大海子。ホーストレッキングのおじさんが1人。
4時間後のご褒美①@日隆

草木の色が秋の色に近付いてる。
もう少し時間が経てば、鮮やかな黄色や赤色に染まるんだろうか?
僕が1年で一番好きな秋の季節、
この先訪れる場所で、日本に負けないような美しい紅葉が見られたらいいな…。

大海子近くで見つけた花。
4時間後のご褒美②@日隆

こんなところでもチョルテン発見!バックに四姑娘山。
四姑娘山 with チョルテン①@日隆
四姑娘山 with チョルテン②@日隆

朝日を浴びて、草を食む食むヤクさん達。
ヤクさま草を食む@日隆

実はここ四姑娘山は、昨年夏に四川を訪れた際にも来たいと思っていたのだが、
成都(四川省の省都)まで来て悩んだ挙句、やむなく断念させられた場所だった。
昨年3月に起こった大震災の影響で、成都からの道が閉ざされていた上、
日隆の町も多大な被害を受けており、
ネットで調べた限り、宿泊場所や観光ルートの問題有無に関して確かな情報が無かったのだ。

念願適ってこの度リベンジを果たせたのだが、今もまだ、成都からの道は通じていなかった。
僕はこの後成都へ向かうのだが、実に倍以上の距離を大回りして行くことになる。
(当然、掛かる運賃も時間も倍前後になっているはず。)

僕が訪れたのは、10月1日からの国慶節(建国記念日)による大型連休前の最後の平日。
ある程度混雑を避けるためこのタイミングを狙ったのだが、
これからベストシーズンを迎えるこの時期、多少の人の多さは覚悟していた。
…が、観光客は僕の予想以上に少なかった。
この2日目のトレッキング中に出会ったのは、20人にも満たない。
しかも、そのうち約半分は、牛の放牧や馬のレンタルなどを仕事とする地元の人。
僕が泊まった宿では、3人部屋をシングルで利用できてしまったし、
町を見渡すと、長いこと閉まったままと見受けられる宿や商店も多くて、
建物によっては、まるで廃墟に成り果ててしまっている。
パキスタンのフンザを思い出してしまった。
個人としては、ゆったり静かな中滞在できて有難いことなのだが、この雰囲気はやっぱり寂しい。
せめて国慶節の間は、お客さんで賑わってくれると良いのだけど…。

------------------------------

そして現在地、ようやく成都に到着致しました!
青海省の西寧から、直通バス or 列車なら1日の距離に1ヶ月を要しました…。
田舎巡りは一休み、この大都会でしばし休養です。日本語メールも打てます。(苦笑)

都会での楽しみと言えば、食い倒れ!
四川料理の本場を食い倒す!
…と行きたいところなのですが、問題は上にも書いた国慶節休み。
初めて中国でこの期間を迎えるのですが、果たして町中の飲食店は開いてるのか…?

特に今年は中華人民共和国の建国60周年とあって、
テレビでは各局メディアが盛り立てまくっております。
休みの期間も例年より長い8連休(10月1~8日)となるらしく、一体どんな雰囲気になるのやら…。

しかし、休み明け(9日)まで成都で大人しく待っていられるほど余裕は無いのです。
日本の帰省ラッシュと同様、
田舎への移動は前半がピーク、都会への移動は後半がピークと予想し、
後半4 or 5日頃からは郊外の町へ移動開始したいところ。…な~んて、都合良くいくかしら?
スポンサーサイト


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-中国② | 08:20:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。