■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ギラリ」と濃厚なStation
少し話は戻り、インドに到着した日のこと。

結局この日はバスでアムリトサルへ向かうことにしたわけだが、
その前に列車の方も当たってみようと、一度デリーのターミナル駅へと足を運んだ。

夕方前のニューデリー駅。
切符売り場も、ホームも、駅前の広場も、人・人・人…!
そのエネルギーの凄まじさは、何度も圧倒されてきた中国のそれを超えているように感じた。
そして印象的だったのは、1人1人の目。
バックパックを背負ったまま駅構内をウロつく僕には、
当然の如く、前から横から上から下から「ギラリ」と音のしそうな視線が注がれたのだが、
何千か何万かも数え切れない、その大量の目の1つ1つが、
それぞれ違う輝きを放っているように感じられたんだ。

あぁ、なるほど。
インドって国は一言ではまとめられない国なんだなと、初日にして感じた瞬間だった。
そして、この国を旅して行くことは、あの目の1つ1つと渡り合って行くことなんだなと、
僕の体力では負けちゃうかもな…と、1人苦笑いしたのだった。

ダラムサラからデリーに戻って来た後に、改めて街を歩いてみた。
予想外に建物は汚く道は砂埃まみれのコンノート・プレイス(首都デリーの中心の一つ)に呆れさせられ、
旧市街・オールドデリーの喧騒にも驚かされはしたが、
やっぱり僕にはニューデリー駅の印象が強くて、
用も無いのに出掛けてはプラットホームをぶらついていた。

自分の上半身より高さのある荷物を頭に積んで歩く、素晴らしいバランス感覚のおばちゃん。
その焦点はどこに…?ずーっとずーっと、遥か遠くを見つめ続けるお姉ちゃん。
目が合ってしまったので、そのままじっと見つめていたら、ニヤリと笑った少年。
…1人1人が濃い!
ここを見ているだけでも、この国にはワクワクさせられちゃうなぁ。

…ただ、写真は有りません。1枚も。
インドでは駅(列車?)の写真を撮るのが禁止されているって話を聞いていたのもあるけど、
なんだかどこをどう撮ったらいいのかわからなくて、
途中から開き直って、ここは写真抜きで歩くことに決めてしまった。
写真撮るのは好きだけど、たまにはカメラを忘れて歩くのも面白いかもね。
スポンサーサイト


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-インド① | 15:55:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。