■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
聖なるお目玉様
カトマンドゥの郊外に、目玉の付いたでっかいチョルテンがある。
僕にとっては、「チョルテン」というチベット語名を知らなかった頃から、
それが「ネパール」と聞いてイメージする風景の1つだった。

「目玉の付いたでっかいチョルテン」で有名な場所は、実は2ヶ所ある。
1つは、カトマンドゥの西の丘の上に立つスワヤンブナート。
こちらは「バンダ」に入る前に行ってみたのだが、
残念ながら肝心のチョルテンが改修中だった…。
いちおう敷地内には入れたものの、本当に「いちおう」行っただけになってしまった。

そしてもう1つが、東の市街地に立つボダナート。
僕が宿を取っていたカトマンドゥ中心部のタメル地区からだと、約6km。
普通はバスで行く人が多いのだが、
バンダ期間中だったため、暇潰しも兼ねて徒歩で行ってみた。

恐らくツーリスティックな場所だろうと覚悟していたのだが、
思っていたよりはずっと「聖地」らしい雰囲気。
東西南北、四方をじっと見つめる「お目玉様」が広場の中央に座り、
その外周を大勢のチベット人が参拝して回っている。
脇では、五体投地を捧げるおばちゃんの姿もある。
付近にはチベット仏教のゴンパも点在していて、袈裟をまとった僧侶も多く見かける。

外周のマニ車をくるくるした後、僕もおばちゃん達に混じって五体投地をしてみる。
僕のその行為に、祈りの心は無い。
遊び半分のようで、あまり良くない行為なのかな~とも思いつつ、
コレをやると色んなモヤモヤが取れてスッキリする。…ような気がするから好きなのだ。
正面に鎮座する「お目玉様」に睨まれていたかもしれないな…。(笑)

大目玉様。
お目玉様①@ボダナート
お目玉様②@ボダナート

荘厳ゴンパ。
荘厳ゴンパ①@ボダナート
荘厳ゴンパ②@ボダナート

お目玉様をぐるぐる参拝。
お目玉様をぐるぐる@ボダナート

マニ石の色付け。
色付け@カトマンドゥ

黙々と…。
黙々@ボダナート

僕がこの旅で「チベット的」な場所を訪れるのも、いよいよこれが最後になるかもしれない。
今回の旅を始める前から、チベットには行ってみたいと思っていたけれど、
その目的はチベットの文化ではなく、チベットの壮大な自然にあった。
色んな偶然が重なり、結局中国のチベット自治区入りは諦める代わりに、
自治区の外にあるチベットエリアを巡ることになって、
なんとなく、そこでの空気にフィーリングが合うように感じ、
いつしか僕の興味は自然風景だけでなく文化的宗教的な面にも入り込み、
インドやネパールに来ても、積極的にチベットエリアを訪問するようになっていた。

色鮮やかなタルチョのはためき、
青空を突き刺すような白のチョルテン、
カタカタカタ…、チリーン…、回る回るマニ車の音。
日本に帰ってから、最も懐かしくなるものの1つに違いない。

また、会いに来よう。
その時までに、チベットのことをもう少し勉強してみようと思う。
もう一歩、彼らの世界に踏み込んで見てみたい。
スポンサーサイト


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-ネパール | 19:10:19 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
こんにちは。自分も今チベット最も行ってみたい国の一つです。図書館でたかのてるこの「ダライラマに恋して」を読み、ますます興味津々といったところです。そうそう、この場をおかりして大変恐縮ですが、バンビエン、カオサンで出会った上田さん、少し前ラサに行きたくゴルムド近くにいたそうですよ。でも入域許可証の件で悩んでるみたいでした。何でも闇バスの手配人がいないとかで。 じょーさん、年明けはどこで?予定通りになりそうですか?また報告して下さい。それではよいお年を!!v-222
2009-12-29 火 23:28:42 | URL | しんしん [編集]
>しんしんさん
あ、その本僕も気になってたんです。帰国したら読みます。

彼には僕も一度メールして、チベットに向かわれたのは知ってました。
ちょっと今、チベットは行きづらいんですよね…。上手く突破できることを祈りましょう。

年明けは予定通り、インドで迎えようとしています。
しんしんさんも、良いお年を!
2009-12-31 木 22:20:01 | URL | joplus [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。