■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
仕事人たち。
チャパティー職人。
チャパティー職人@クルナ

サトウキビジュース売り。
サトウキビジュース売り@クルナ

お菓子(砂糖?)屋。
お菓子屋@クルナ

雑貨屋。
雑貨屋@クルナ

靴屋。
靴屋@クルナ

運び屋?
運び屋?@クルナ

移動式チャイ屋。
移動式チャイ屋@クルナ
こんな自転車の使い方もあるか…。アイデアに感服。

新聞の売り子。
新聞の売り子@クルナ

お菓子の売り子。
お菓子の売り子@クルナ

男の中の男(大工?)。
男の中の男@モンラー

鍛冶職人 ― 叩く。
鍛冶職人?@モンラー

鍛冶職人 ― 研ぐ。
鍛冶職人?@モンラー

舟造り職人。
舟造り職人?@モンラー
舟造り職人?@モンラー

舟乗り。
漕ぎ師@モンラー

小さな舟乗り。
船乗り?@モンラー
舟乗り?@モンラー

リクシャー漕ぎ。
リクシャー漕ぎ@モンラー

これが、世界で最も貧しいと言われる国で働く人たち。
彼らの生き生きした表情が、写真で伝わるだろうか…?
彼らを見ていると、旅の途中に何度も浮かんだあの疑問がまた沸いて来る。
「貧しさとか豊かさって何だろう?」って。

まだ小学生ぐらいの子どもですら、誇りを感じさせられることがある。
純粋に、カッコいいと思う。
生き生きと働いている人の姿って、本当にカッコいいんだ。

気さくな彼らの多くは、喜んでカメラに応じてくれる。
撮った写真を見せると御礼を言われちゃったりするんだけど、
ありがとうを言いたいのはこっちの方。
カッコいい人を撮らせてもらっている、僕の方が気持ちいいんだから。

この後、コルカタに戻って感じたことがある。
コルカタは、ある意味では疲れるけれど、ある意味では歩きやすい。
と言うのは、バングラデシュのように声を掛けて来る人が少ないから。
僕が歩いたコルカタの「庶民的な」エリアのバザールは、
文字通り庶民で賑わう場所なので、ツーリストズレした感じは無い。
だけど、僕をジッと見て来る人は少ないし、
声を掛けて来る人もいなくはないが、そのほとんどは何かの売り込みだ。
要するに、こちらから積極的に接して行かない限りは、
商売抜きでのコミュニケーションはほとんど有り得ない雰囲気がある。

対して、バングラデシュの場合は、
こちらから何もアプローチしなくても、
「まぁ座って行け」と呼ばれてはお茶を勧めてくれる。
その人が商売人であることも多いが、何かを買ってくれと言われることは無かった。
商売抜きで、僕を迎える時間を楽しんでくれているのだった。

そりゃバングラデシュの人達のような迎え方をされたら嬉しいけども、
コルカタの商人達も、僕は嫌いじゃない。
彼らの多くも、イイ目をして仕事をしているから。
ただ、コルカタの商人達(だけでなく、インド全般の人々にその傾向がある気もするが)は、
目付きに鋭さのある人が多いように思う。
それはカッコ良くもあるのだが、同時にプレッシャーも受ける。
だから、こちらもどこか身構えて接してしまうことが多いかもしれない。
以前、スリル溢れるオートリクシャーの走りっぷりを体験して、
「彼らにとって、これは戦いなんだ。町はレース場なんだ。」と書いたけれど、
物を売る商人達もそれと同じで、彼らも戦っているのだと思う。

バングラデシュの商人達(だけでなく、イスラムの国全般の人々に言えるのかもしれないが)は、
やはりそれに比べると笑顔が豊かだし、目も優しく見える。
僕ら外国人を温かく迎えてくれているからそう見えるんじゃないか?
それもあるとは思うけど、
実際に彼らに「ゆとり」があるから、表情が柔らかいのだと思う。

僕は今まで、インドの人々の目に鋭さを感じるのは、
人の多さによるものなのかな?と思っていた。
色んな人間が混沌とした中に生きている国だからこそ、
他人を警戒する感情が自然と生まれ、
ある意味で自分を守るために、目付きが鋭くなっていったのかな?と。
それも一つの要因として間違っていないのかもしれないけれど、
それだけでは説明が付かなくなってしまった。
インドをさらに上回る人口密度を抱えるバングラデシュで、
目にゆとりを感じさせる人々に出会ってしまったから…。

そこで、別の要因を考えるとなると、やはり真っ先に浮かんだのは宗教の違い。
今までイスラムの国を何ヶ国も訪れたけれど、
本当に、面白いほどに共通して、ムスリムの人々からは穏和な印象を受けている。
それはもう、イスラムだからなのだとしか考えようが無い。
一つの宗教というものを、信じるということが、
人種や言語の全く異なる世界で、共通性を生み出している。
凄いことだなと思う。…と同時に、ちょっと怖さも感じるのだった。

話が飛びまくりだけど、もう1つだけ。
宗教以上に人を変えるものがあるかもしれない、とも思う。
それは、お金(を含めた、物質的な豊かさ)。
なんとも悲しい話だけれど、今まで訪れてきた観光地を見てきて、そう感じている。
たとえイスラム教の国であっても、お金が集まる場所では、
彼らのゆとりも消えてしまっていたように思う。

いつものことだけど、書くだけ書いて、だから何が言いたいのか自分でもわからん。(笑)
とにかく無理矢理まとめるけれど…、
今回僕が出会ったバングラデシュの仕事人たち。
彼らの生きる世界もまた、いつかは大きな波で変わって行ってしまうのだろうか?
そうしたら、あのカッコいい表情も、貴重なものになってしまうんだろうな…と、
ちょっと切なく思ってみたのだった。

箱入り息子。
箱入り息子@モンラー

食う!
食う!@クルナ

彼らが、未来の仕事人。
時代の波は確実に来るだろうけれど、先輩たちのように、カッコ良く育って欲しいね☆
スポンサーサイト


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-バングラデシュ | 20:25:31 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
joeの言葉って好きです。考え方も。
多分感じ方が近いんだと思います。
色々聞きたいことがあるよ(笑)。
お会い出来る日を楽しみにしてます。
2010-01-16 土 18:01:12 | URL | かずえ [編集]
インド、バングラデシュそれぞれ旅した中でいろいろ感じられたようですね。きっと自分は旅に行くと肌で感じることが他人より鈍いのかも。それに比べこのブログ読んでたらジョーさんのセンス素晴らしいと思いましたよ。それともうひとつ、なんだか自分まで再び旅のムシが沸々と湧いてきちゃいました。「オレもまた旅に出たぃ~!」
2010-01-17 日 23:05:39 | URL | しんしん [編集]
>かずえさん
旅先からコメントありがとうです。
こちらからはなかなかコメントできていませんが、かずえさんの日記も読んでますよ~。
気が付けば、再会の予定まであと1ヶ月程ですね。
楽しみにしてますよ~☆

>しんしんさん
また旅に出ちゃって下さい♪
僕なんかより、もっと勉強して、もっと色んなことを旅で感じている人がたくさんいます。
「他人より鈍いのかも」って言葉は、僕の方こそいつも感じてることです…。
僕は、バンコクの夜に旅の話をしていた時、
しんしんさんも感じることの多いイイ旅をされている方だなぁと感じていましたよ。
2010-01-18 月 21:34:25 | URL | joplus [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。