■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
南国のチベット
デカン高原の最南部に位置する都市・マイソールに着いた日、
宿にチェックインしていたところ、
上階から日本人にも見える顔立ちの男性が1人降りてきた。
彼も僕に気付いたので、「Where are you from?」と話し掛けたところ、
「チベットだよ。」と、彼は答えた。

しばらく話を聞いてみると、
彼自身はインド生まれのインド育ちで、
両親が正真正銘のチベット人(つまり、過去に現中国領から亡命して来たのだろう)とのことだった。
それでも彼は、インドの公用語であるヒンドゥー語と、この地域の言語であるカンナダ語の他に、
英語も、そしてチベット語も話せるのだそうだ。

僕が中国のチベット圏を訪れたことを話したところ、「写真を見たい。」と言う。
早速彼にカメラの画像を見せていたところ、
宿の兄ちゃんがやって来て、「これはどこの写真?」と訊いてきた。
僕が「中国のチベットだよ。」と答えたら、
兄ちゃんは、「へ~、中国かぁ~。」と頷いた。
そこですかさずチベット人の彼が、
「『チベット』だよ!」と訂正したのが印象に残った。
インドに生まれ育った彼が、
自分はチベット人だと自己紹介し、チベット語も身に付け、
「チベット」に誇りを持っていることに、僕は好感を覚えた。

彼は僕の写真を気に入ってくれて、「データをくれないか?」と頼まれた。
しかし、彼はパソコンを持っているわけでもないし、
メールで送るには枚数が多過ぎるし、どうやって渡すかが問題だった。
すると、翌朝彼は、近くの知り合いの店でUSBメモリーを購入して帰って来た。
自分の写真ごときにわざわざお金まで使わせてしまったことに、僕は少し戸惑ったが、
彼曰く、「両親や友人にも見せて、喜ばせたいから」と。
彼にとって、僕の写真はそれだけの価値のあるものらしい。
こんな風に、自分の写真が人に喜ばれる日が来るとは思わなかったなぁ…。
僕からデータを受け取ると、彼はその朝のうちに宿を発って行った。

それからマイソールの町へ繰り出してぶらぶらしていると、
至るところでチベット僧が歩いているのに気付く。
事前に知らなければ驚いたと思うのだが、
実はここからバスで2~3時間程のところに、巨大なチベット人居留地があるのだ。
その存在は、マイソールへ来ようと決めた後に知った。
またしても何か不思議な偶然を感じざるを得なかったが、
ここまで来たら行ってみようと思っていた僕は、
その翌日、最寄りのターミナルとなるクシャルナガル行きのバスに乗り込んだ。

クシャルナガルに着いてから訊き回ったのだが、
居留地のあるバイラクッペは、さらに数km離れた場所にあるようだ。
ただ、イマイチ距離がハッキリしない。
2kmと言う人もいれば、8kmと言う人もいる。
「インドらしく、いい加減だなぁ…」と呆れていたのだが、
実は2kmも8kmも間違っていなかったことが後でわかった。
と言うのは、実はバイラクッペの町と言っても範囲は広く、
町の入口までは2kmほどの距離で、
チベット人居留地の中心までは、そこからさらに6km離れているのだった。

とりあえず、バイラクッペの町の入口となる道の分岐点まで歩いたところで、
向かいから来たチベット僧に道を訊ねていたら、
他のチベット僧が乗り込んだオートリクシャーを止めてくれて、
「一緒に乗って行きな!」と言ってくれた。
1人で乗ると高い上、場所や距離をはっきり知らないから値段交渉もしづらいので、
こうして乗り合いできたのは助かった…。
いきなり乗り合わせることになった僧侶達も実に親切で、
せっかくなので1泊して行こうと考えていた僕を、
ゲストハウスまで案内してくれた上、チェックインするまで付き合ってくれた。
ただ、誰も何も言わなかったし、特にチェックポイントも無かったが、
本当はパーミット(入域許可証 or 宿泊許可証?)が要るらしい?

居留地の中心である集落は、緩やかな丘の上にあった。
走るリクシャーから、草原の中に立派なゴンパが林立しているのを見た時は、
照り付ける南国の日差しを忘れ、「あぁ、チベットだ…。」と感じた。

セラ・ゴンパに並ぶ、立派なお堂。
南国のゴンパ?@バイラクッペ
南国のゴンパ?@バイラクッペ
南国のゴンパ?@バイラクッペ

絢爛の堂内。
絢爛の本堂@バイラクッペ

こちらは、ナムドルリン・ゴンパ。
ゴールデン・テンプル@バイラクッペ
セラ・ゴンパからは少し離れた場所にあるのだが、
「ゴールデン・テンプル」と呼ばれ、インド人観光客が多く訪れていた。
セラ・ゴンパと比べると俗化してしまった印象で、ちょっと落ち着かなかったかな。

いつもどこでも、青空に映える真っ白チョルテン。
南国の空とチョルテン群①@バイラクッペ
南国の空とチョルテン群@バイラクッペ

もうお馴染みの、マニ車回廊。
マニ車回廊@バイラクッペ

しかし、やっぱりここは南国…。
南国のチベット@バイラクッペ
ヤシの木とチベット僧の組合せは、実に新鮮。
あの世界でも最も過酷であろう高地で生活していた人々が、
この南の地を開拓することは、並大抵の苦労じゃなかっただろうと思う。
南インドの中では内陸で標高が高い場所のため、比較的空気は爽やかだが、
それでも日差しは強烈で、やはり南国そのものだった。

ゴンパの庭では、インドの国民的スポーツ・クリケットで遊ぶ少年僧達、
食堂では、チャパティーとカレーの食後に甘いチャイを啜る僧侶達。
いずれも違和感を覚えたと言うよりは、
この地に適応して生きざるを得なかった彼らの苦労を感じた。

朝、勤行へ向かう僧侶達。
勤行の朝@バイラクッペ

街角にて。
道端で読書@バイラクッペ
町をクリーンに@バイラクッペ

ファイティング小坊主。
ファイティング小坊主@バイラクッペ

ネパールのボダナートが最後になるかと思いきや(→ こちら を参照)、
もう一度だけこの旅でチベットに出会えて嬉しかった。
でも、今度こそは、本当にお別れだ!

南国の風にはためく、チベタン・フラッグ。
はためくチベタン・フラッグ?@バイラクッペ
はためくチベタン・フラッグ②@バイラクッペ
スポンサーサイト


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-インド③ | 20:15:04 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
写真に写ってるけど、若い僧侶が履いてるのはもしやクロックスでしょうか?そうあのピンクのやつです。東南アジアではよく見かけましたけど、西アジアにもあるとは意外に思えました。しかも一般市民のみならず、僧侶まで履いているとは何だか…。 それくらい世界中で市民権を得た履物ということなんでしょうかねぇ~!
2010-01-22 金 11:37:24 | URL | しんしん [編集]
>しんしんさん
よく気付かれましたねぇ~。
そうですね、大人の僧侶にも小坊主にもクロックスは愛用されてました。
こういう意外に庶民的なところも、僕がチベットに親近感を覚える理由の一つだったりします。
2010-01-23 土 22:29:49 | URL | joplus [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。