■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
むざむざ、「無座」
Aさんにとっては、中国を旅するのは今回が初めてだった。
そこで、ちょうど次の目的地までのルート上ということもあり、
中国を代表する名景の1つである、桂林を目指すことにした。

羅平(雲南省)から直通で桂林(広西チワン族自治州)に行く手段は、1日1本の列車のみ。
これがあえなく満席で使えなかったため、
バスを乗り継いで、まずはお隣貴州省の州都・貴陽へと向かった。

しかしこの貴州省、なぜかバス代が他の州に比べて異常に高い!?
貴陽から桂林までは予想通り直通寝台バスが出ていたのだが、
うまく探せば航空券と変わらないじゃないか?と思うほど、その値段は高額であった…。

それもバカらしいということで、改めて列車を探してみることにした。
貴陽は巨大なターミナル駅なので、
桂林方面への列車の本数も増えているだろうと予想していた。
早速駅で確認してみたところ、直通で桂林まで行く列車は少なかったが、
手前の柳州という駅まで行く列車は1日に10本前後出ているようだった。
列車によって多少の差はあれど、
その硬座(2等座席)の値段は、なんとバスの4分の1以下…。
これはもう、何がなんでも列車に乗るしかない!

切符売り場の窓口で、「次の柳州までの列車を、硬座で2枚」頼んだところ、
翌早朝発の列車の切符が買えるらしい。
ただし、その切符は「無座」だった…。
列車によって、硬座が売り切れた(中国では全席指定が基本)後に売り出される、
その名の通り席が設定されておらず、
「席以外の場所に勝手に乗りなさい」切符である。

2年前、僕は一度「無座」を体験したことがある。
その時は、夜中の23時頃から翌朝まで約8時間の乗車だったが、
もうもうと煙の立ち込める喫煙スペースの脇に腰を下ろし、
硬い床からお尻に伝わる冷たさとすきま風に耐えながら、
ほぼ一睡もできず朝を待ったのだった…。

当時は今のような長旅を経験したことが無い身だったが、
今思い出しても、あれはキツかった…。
またあれに耐えるだけでもしんどいのに、
この日は羅平から3本もの長距離バスを移動してきており、
この切符売り場に立っている時点で、時刻は既に22時過ぎ。
そして、「無座」列車の発車時刻までは、8時間を切っている。
その後目的地の柳州までは、約10時間…。
これは、この長旅でもトップクラスにハードな移動になるに違いなかった。

しかし、値段の安さには敵わなかった。
いちおうAさんには僕の体験談を踏まえて「無座」の恐ろしさを事前に伝えた上で、
これも経験(?)ということで、道連れにさせて頂くことにした。
この時はまだ、Aさんも怖いモノ見たさで乗り気だったが…。

過酷な旅への切符を手にしたところで、
ようやく遅い夕飯を食べ終えたら、もう日付が変わってしまった。
列車の発車時刻まで6時間を切っており、
今更宿を取るのもバカらしいし、何より寝過ごしてしまう方が怖かったので、
駅近くの24時間営業のファーストフード店で夜を明かすことにした。
こうして、ハードな旅路がさらにハードになっていく…。

乗車する時から、早くも気が折れそうだった。
列車の乗車口の混雑度は、朝の中央線快速の中野駅…ってとこか。
降車する人、トイレに行く人、乗車する人が入り混じり、
「譲り合い」のできない人々がワーワー叫び合っている。
後ろからは、「詰め込む」ことしか頭に無い駅員が、
「さっさと乗れ!」と怒鳴っている。
「乗れるもんならお前が乗ってみろ!」とキレたい気持ちをグッと堪え、
少しずつ少しずつ前進するのを待つ。

なんとか乗車口通路を抜けて客席の方へ入って行くと、
いくぶん混雑度は下がり、なんとかザックを床に下ろすことができた。
バスでも何でもそうなのだが、
中国の人々は、なぜか奥に詰めるということをせず、
出入口に固まっていることが多いんだよな…。
この心理は、未だ謎である。

車内の壁には、いくつかの注意書きがあった。
「車内禁煙」、「ゴミを車内に散らかすべからず」、「車内に痰を吐くべからず」…。
しかし現実は、あちこちから煙が上がり、
ひまわりの種やらみかんの皮やらが辺り一面に散乱し、
おじちゃんもおばちゃんも床へダイレクトに「クアァ~ッ、ペッ!」…、

何一つ守られてねぇ!(涙)

確かに、通路は無座の乗客で埋まり、
喫煙所やゴミ箱まで行くのも大変な状況なんだけどさ、
それにしても、これじゃまるでゴミ溜めだよ…。

唯一の救いは、運良く途中から席が空いて座って行けたこと。
でも、仮に最初から席が取れていたとしても、
これは世界でも有数のハード列車だったと思う…。

ただ、同じ硬座でも色んな車両があるもので、
次に柳州から桂林まで乗り継いだ列車は、
立派な空調付き車両で快適な2時間半の旅(もちろん「無座」ではない)であった。
混雑も少ないこういうキレイな車両だと、
皆さんタバコはちゃんと喫煙所で、
痰はちゃんと(?)床以外の場所にしているようだった。
まぁ、ゴミはやっぱり多少散らかってたけど…。

強行過ぎた移動のためか、さすがに丈夫なAさんも疲れ切っており、
桂林に着いてから少々体調を崩してしまったようだ。
お腹の調子が悪くて夜中に目が覚めてしまったと言うAさんに対し、
僕はと言えば、大いびきを掻いて爆睡していたらしい。
色んな意味で、申し訳ない…。

ちなみに、桂林周辺では計3泊したものの、
毎日どん曇りで観光するテンションの上がらない日が続いた。
僕は2年前の7月にも一度3泊4日で訪れたことがあるのだが、
その時は、3日間撮り溜めた写真ごと3日目の夕方にカメラを盗られる、
という苦い経験を味わった町でもある。
今回は悪天候を理由にカメラを持ち出す気力が沸かず、
未だ僕の手元には桂林で撮った写真が1枚も残っていない。
どうやら、この地と僕は相性が悪いのかな…?

ところで、桂林と言えば、「桂林山水」と呼ばれる水墨画のような奇岩風景が有名だが、
今回今一つその風景に心が動かされなかったのは、
天気が悪かったからとというだけでも、2回目の訪問だったからというだけでもない。
羅平から貴陽へ向かうバスの中で、より強烈な印象を残す風景を見てしまったのだ。
特に、興義という町から安順という町へのルートがスゴかった。
桂林以上じゃないかという、カルスト地形独特の巨大な岩山が並ぶ様子も圧巻だったし、
「目の眩むような」という表現がピッタリな峡谷を見たのは、あれが初めてかもしれない。
全く観光地として名の知られていないような地域に、あんな場所があるとは…。
僕は今まで貴州省はノーチェックだったのだが、
どうやらまた面白そうなところを見つけてしまったようだ。
いずれ行ける機会があるかどうかはわからないが、またいそいそと調べてみるかな…。
スポンサーサイト


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-中国③ | 23:55:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。