■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヤマネコの島でヒッキー生活
鳩間から西表島に渡った僕は、この旅初のキャンプを張った。

しかし、翌日からは連日の雨、雨、雨…。
まるで早くも梅雨に突入したかのようだった。
いちおう週間予報で雨マークが並んでいるのは知っていて来たのだが、
気まぐれな春の天気、数日先の予報なんて外れることも多いだろうと踏んでいたら、
今回に限って見事に的中したのだった…。

が、そんなこともあろうかと、ザックには本がたっぷり。
数日間はこれで暇を潰せるので、ここで晴れ間を待ってみることにした。
かくして、悪天候でほとんど客も来ないキャンプ場で、
1人本を読み耽る引き篭もり生活が始まったのだった。

4日目にようやく雨は止み、雲が多いながらも時折太陽が覗いた。
3日も狭いテントの中に閉じ篭っていると、
さすがに陰鬱な気分になってきていたのが、
それを気持ちを晴らすには弱い日差しでも十分だった。

直線ロード。
直線ロード@西表島

大自然の島。マングローブの川。
マングローブリバー@西表島

孤独。
孤独@西表島

森の隠れ小屋。
森の小屋@西表島

見つめ合い。
見つめ合い@西表島

あ、ヤマネコ…。
イリオモテヤマネコ…@西表島

チョキで握手。
握手@西表島

整列パイン、成長中。
整列パイン、成長中@西表島

翌日からは、再びの雨模様。
雨に濡れたままテントを片付けるのは嫌だったし、
まだ未読の本も残っていたので、再び引き篭もって次の晴れ間を待つ。

持って来ていたのはほとんどが文庫本の小説だったが、
7日目ともなるといよいよ全て読み終わってしまった。
そこで、最後のとっておき(?)に手を伸ばす。

それは、高校地理の資料集!(98年度版)

海外の旅から帰った後に、
高校の頃の世界史の教科書を見返してみたくなって、
もう何年も開けていなかった机の引き出しをゴソゴソやっていたら、
これを見つけてしまったのだ。

たしか地理の授業は高校1年の時に1年間受けたのだが、
どんな先生のどんな授業だったか、成績はどうだったか、全然思い出せない。
この資料集を開いた記憶も、全く残っていなかった。
もちろん、この本が再び開かれる日が来るなんて夢にも思わなかったわけだが…、
これが意外に夢中になってしまうのだ。

まず何が面白いって、この1年間で訪れた場所の写真や記事がたくさん載っていたことだ。
トルコ・イスタンブールの釣り人が並ぶガラタ橋、
エジプト・カイロの混雑するバスターミナル、
モロッコ・マラケシュの路地が入り組んだ旧市街、
スイスのアレッチ氷河、
ハンガリー・ブダペストのドナウ川の東西に広がる街並、
中国・チベットのゴンパで五体投地を捧げる人々、
インド・バラナシのガートの沐浴風景、
ネパール・ポカラから見るヒマラヤの展望、
バングラデシュのどこかの村でカメラに群がっている人々、
ベトナム・ホーチミンのバイクの洪水、
…などなど。

僕が旅の中で「初めて見た」と思っていたもの、「初めて知った」こと、
それらがこの本の中にいくつも掲載されている。
ということはつまり、もしあの頃の僕が熱心に勉強をしていたなら、
12年も前に、既に知識として得られたはずのこともいっぱいあったのだ。
そう思うと、ずいぶん遠回りしたもんだ…。

さすがに12年も昔の資料では、
例えば統計的な数字など、現在までに変わってしまっている部分も多いので、
今勉強に使おうとすると少々注意も必要だけれど、
逆に、その変わった部分を見つけるのも面白かったりする。
例えば、「中国におけるマクドナルドは、1990年に1号店がオープンした」のだそうだが、
それから20年、今や中国全土に何百店舗あるのやら…。

とっておきの資料集も1日で読破(?)してしまい、
いよいよ本が尽きてしまったところで、再び晴天が訪れた。
西表に来て8日目、計7泊でようやくキャンプ場に別れを告げ、
ヒッキー生活にピリオドを打ったのだった。
スポンサーサイト


テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-日本 | 21:20:59 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
キャンプ生活お疲れ様デス。再び最南端にて登場ですか?まさに神出鬼没ですね!西表島は私もかれこれ20年程昔行ったことありますよ。台湾と目と鼻の先にあり大自然が未だ多く残っている素晴らしい処ですよね!ところで西表山猫見つけられたようですね?(笑) ヤシガニはどうでしたか? 一人のキャンプ生活でこそ気がつかされることたくさんありますよね!こうして旅する機会もなかなか難しいでしょうからどうかやり残しのないよう、いい意味で台風の如く各地で暴れ回りながら北上して来てはいかがですか。
2010-05-01 土 23:46:58 | URL | しんしん [編集]
やっぱし旅は
良いよね。
2010-05-04 火 16:07:24 | URL | たびかめ [編集]
>しんしんさん
先ほどアップした記事に書きましたが、今は東京ですよ~。
遅れ遅れで更新してるだけで…。

今日で混雑も一段落するでしょうから、また暴れ回りに(?)行きますよ☆

>たびかめさん
やっぱし旅、行きたいでしょ?
2010-05-05 水 14:12:58 | URL | joplus [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。