■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
旅立ちの前に…
いきなりですが、旅立ち当日にこれを書いています。
あと2時間後には家を出ることになります。

最初の目的地は、トルコ。
そこから中東を南に渡り、エジプトを目指します。
その先は、ヨーロッパを少し回って、夏頃にはアジアに飛んで来る予定。
中国から東南アジアをぐるっと回って、インドかネパール辺りで年を越して、
時間とお金と気分次第でオセアニアへ渡って、冬が終わる頃に日本へ戻って来る。
…というのが超概略のスケジュール。(ホントに「超」だけど…)

実は自分のノートにはもっと詳細なスケジュールが書いてあるのだけど…、
きっと日程やルートなんて、予定通りには行かないでしょう。
何か不測のトラブルがあるかもしれないし、お金が足りなくなるかもしれないし、
行きたい場所が変わるかもしれないし、ずっと滞在したい場所ができるかもしれない。
でも、その時はそれでいいと思っています。

最初の目的地をトルコにしたのもあまり深い意味は無くて、
本格的に暑くなる前に中東を回っておいて、
北の方が暖かくなったらヨーロッパに渡るか~というぐらいのものです。
「中東」になんとなく惹かれたのは、日本人の感覚と全く違う世界がありそうだったから。
じゃあ南米やアフリカじゃないのはなぜ?と聞かれると、これまた特別理由なんか無くて、
正直言うなら、時間さえあれば南米もアフリカもぜひ行ってみたいと思っています。

ブログのタイトル「風の向くまま・・・轍なき散歩道」には、そんな気ままな感じを込めてみました。

僕はこの旅に出ることを最大の理由として、約4年勤めた会社を辞めました。
でも、例えば仕事に疑問を感じて「自分探し」や「人生の目的を見つける」ことを求めているわけじゃなくて、
むしろ、「自分を壊す」ことがこの旅の1つのテーマだと思っています。

会社を辞める前、僕は約1年半、仕事のため中国に渡っていました。
長くなるので結論だけ簡単に書きますが…、
それまで全く海外旅行に興味など無かった人間が海外一人旅に出たいと思ったのは、
中国に暮らしてみて、今まで自分の持っていた常識が通用しない世界があることを知ったから。
そして、その異なる世界を自分に受け入れて、
今までの常識を見直したり、時にはぶっ壊して作り直す作業が、すっごく楽しい。
また、その過程には、景色や食べ物、言葉、そして人…、たくさんの出会いがありました。
その1つ1つが刺激的で、喜びがあって、感動があって…。
そうして、「中国も、その先の世界も、もっと見てみたい」という欲が自分の中で膨らんでいきました。

ちなみに、独身で、20代半ばという年齢も、自分にとっては幸運でした。
結婚していたら間違いなく踏み出せなかったでしょうし、
仮に1年旅をして戻って来たとしても、まだ気持ち1つで社会復帰はできるだろうと。
決断を後押しする環境にあったのは間違いないです。
…1つ余談で、昨今の世界経済の混乱は想像以上でした。今更ですが、ちょっとナメ過ぎてたかも?(アホ)

少し話を戻しまして…、
そういった経緯なので、この旅でどこに行くか?は、そんなに重要なことじゃない気がしています。
きっとどこに行っても、「違い」はたくさん溢れているはずです。
大事なのは、「違い」に対して自分がどれだけ自然体で入っていけるか、だと思います。
景色でも、食べ物でも、言葉でも、人でも、できるだけその土地のものに触れて、感じてみたい。
最初から何かを探そうとか見つけようとか思わなくても、
きっとそうやって歩いていれば、何かしら得られるものはあるんじゃないかな?と思っています。
「轍なき散歩道」を歩いた後には、新たな自分の足跡≒轍ができる…ということで。(強引だな…)

さて、そんな勢いに任せて飛び出してしまうような旅なので、目標らしい目標が無いのですが、
強いて一つ挙げるなら、「無事に帰って来ること」です。
この旅に出るにあたって、家族や友人、お世話になった方たち、色々な人に心配を掛けています。
それでも温かい言葉で励まして頂いたり、帰国を待っていてくれている。本当に有難いことです。
そんな皆さんに、僕は「必ずまた会いましょう」という気持ちを伝え、約束してきました。
だから、自分の声で帰国の報告をすることが、僕の義務だと思っています。
何を得て帰って来られるかはわからないけど、自信を持って「ただいま!」と言えるように、
多少の無理はしたとしても、「無茶」だけはしないように、行ってこようと思います。

行き当たりばったりの要素が強いですが、期限だけは決めています。
どこへ行こうと、「2010年2月まで」。ちょうど今から1年間です。
社会復帰をするためにも、いつまでもフラフラしているわけにもいかないから、
また、上記のように帰国を待っている人たちがいるから、というのも理由の1つですが、
もう1つ、世界を歩いてきた後に、その目で改めて日本を見てみたい、という気持ちがあります。
この考えは旅の間に変わってしまう可能性もありますが…、
今のところは、帰国後に約半年をかけて、日本を歩いてみたいなと思っています。

その日本の旅(予定)も含めた最終的な期限を、「2010年10月まで」としました。
それから先は…また仕事もしたいですし、いずれは結婚もしてみたいですし…。
アテは無いですけど、なんとかなるように、なんとかしよう!(ポジティブ)

さてさて、間もなく出発です。
日本時間で3月4日になる頃には、トルコ・イスタンブールにいる予定です。
さしあたって、初日の宿を無事に確保できるかどうか…。

では、ちょっくら行ってきます!
スポンサーサイト


旅前日記① | 03:19:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。