■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ビールから始まって…
今はサフランボルの町を離れ、アンカラという町のバスターミナルに来ています。
次の町へ向かうバスの乗り換え待ちです。

少し話は遡って、サフランボルに向かう夜行バスに乗るまでの話。

バスの出発まで時間があったので、ターミナル内の食堂で一品料理をツマミにビールを一杯やることにした。
…と言っても、トルコの食堂は、一部の店(バーのようなところ)を除き、酒類を置いていないことが多い。
そこで、近くの売店で売っていた缶ビールを持ち込ませてもらえないかと頼んでみたところ、
店内はダメだけど、外の席ならOKという話になった。(ちょっとゴリ押しだったけど…)

まずは頼んだ煮込み料理を一口。んん、ギュゼル!(GOOD!)
そしてキンキンに冷えたビールを一口…
「ぶはぁ~!」
1日歩いてヘトヘトだったのもあり、僕は一瞬で幸せの絶頂に達した。

…と、これを通りがかりの人や店員さんがクスクス笑いながら見ていた。
きっと、料理をツマミに酒を飲むとか、大っぴらに酒を飲むのが珍しいのかな?
みんな興味深々に話しかけてきたので、「(トルコ語でよくわからないけど、)
俺はほろ酔い気分で「美味い!」のサインを連発し、一緒になって笑った。

注文した羊肉(たぶん)の煮込みとエフェスビール。ちなみに、パンは食べ放題。
羊肉の煮込み&エフェスビール

ビールを飲んだせいで、トイレに行きたくなった。
トルコのトイレは有料が多いのだが、トイレ代で水が1本買えるので、できるだけケチりたい費用である。
そこで、ちょっと早めにチケットを買ったバス会社のオフィスに行ってみた。
中にいた兄ちゃんに「Tuvalet!(トイレ)」と言うと、
人差し指で「シィー!」のポーズを取り、こっそり(?)2階に付いて来いと言う。
兄ちゃんは、2階の待合室でチャイ(お茶)を運ぶ店員さんだった。
トイレは3階にあって、階段への扉に鍵がかかっていたのだが、
(社員専用なのか、本当は有料なのかはわからなかったが、)結局はタダで使わせてくれた。
半分は御礼のつもりだったけど、まだ時間もあったので、チャイを1杯注文した。
兄ちゃんは英語もほとんど知らなかったが、ノリノリで僕にトルコ語を教えようとしてくれた。
身振り手振りと手書きメモで何個かの言葉を教わると、
お返しに僕はトルコ語のメモの横へ日本語のひらがなとローマ字読みを書いて渡してあげた。
すると、これまたノリノリで読んでくれた。
その彼の笑顔を見ていると、自然と顔が綻んでしまった。

トルコのチャイ。お好みで角砂糖を溶かして飲む。ほろ苦さと甘さが落ち着くんです。
トルコ式チャイ

そんなやり取りを見て、ちょっかいを出していたおっちゃんが一人。
この人が、偶然バスで僕の隣席になった。
眠かったのに、寝るのも忘れて話し込んだ。(例によって、身振り手振りで)

気さくなおっちゃん。おかげさまで、寝不足でしたよ…(苦笑)
気さくなおっちゃん

ビールをプシュッと開けたのが始まりで、ほとんど夜通しで笑ってた気がする。
ただでさえ世話好きで人懐っこい彼らは、
こちらが求めたり、親しみを持って接すれば、いつだって応えてくれる。
異国に滞在する身として、全ての緊張を解くわけにはいかないけど、
できるだけできるだけ、信じて心を開いていくこと。
このバランス感覚がかなり難しいんだけど、
やっぱり中国にいたおかげで、多少は身に付いているのかな?

ちょっと疲れ気味のイスタンブール滞在だったけど、最後は幸せな時間で終えることができた。
これだけでも、やっぱり来て良かったなって、単純だけどそう思った。
スポンサーサイト


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-トルコ① | 23:50:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。