■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
風の谷の夏休み
そもそも、旅の計画時にパキスタンに来る予定は無かった。
「パキスタン」と聞いただけで何だか危なっかしいイメージがあったし、
興味がある無しの前に、全く調べたことも無く、何があるのかも全く知らなかった。

トルコや中東を歩いていると、アジア側から渡って来た旅行者に出会うことが多いのだが、
彼らの多くがパキスタンを訪れていた。
そしてその感想を聞くと、ほとんどの人が「良かった!」と口にするのだ。
よくよく聞いていくと、パキスタンの中でも北部は治安が安定しているらしい。
中でも、「フンザ」という場所が良いらしい。
中国から陸路で入るルートなら、今ならノービザで向かってもアライバルビザが取れるらしい。
これだけ情報を聞いたところで興味を持った僕は、ネットカフェで少し調べてみることにした。
「フンザ」の写真を見つけて驚いた。
パキスタンって、こんなに美しい国なのか!

さらに、エジプトのカイロに滞在中、
宿に置いてあった「風の谷のナウシカ」の原作本を読破したのだが、
実はこのフンザが、「風の谷」のモデルとなった場所と言われているらしい。
たまたま以前から読みたかったので読んだだけなのだが、
これまた偶然にそんな話を聞いてしまったのだった。

パキスタン行きの基点になる中国側の町はカシュガル。
キルギスから中国へ入るルートは元々予定していたので、カシュガルに行くことは決まっていた。
これだけ条件が揃ってしまったら、行くしかないでしょ~。
きっと今回も、何かに導かれているに違いない!

そしてやって来たのが、フンザの中心地であるカリマバードという町。
なるほど、皆が口を揃えて「良かった!」と言う気持ちはすぐにわかった。
7,000~8,000m級の山が連なる絶景と清々しい空気、
素朴で温かい田舎町の人々(しかも英語の通じる人が多い)、
安くて美味い食事と居心地のいい宿、
のんびり「沈没」するための条件が全て揃っている場所なわけだ。
僕もここでは少しのんびりしようと決めた。
ちょうど日本の盆休みだし、僕も旅の夏休みにしましょう。(←毎日が休みのクセに…)

夏の花咲くフンザ。
花咲く夏@カリマバード

丘の上から眺める山々。
フンザピーク&レディフィンガー@イーグルネスト
フンザピーク(中央の一番高い場所)と、隣にレディーフィンガー(鋭く尖った場所)。

それを見つめるイーグル。
見つめるイーグル@イーグルネスト

元気いっぱいの子どもたち。(折り鶴、好評!)
元気いっぱいの子どもたち①@カリマバード
元気いっぱいの子どもたち②@カリマバード
元気いっぱいの子どもたち③@カリマバード
元気いっぱいの子どもたち④@カリマバード

負けずに元気なおじいさん。
負けずに元気なおじいさん@カリマバード

カリマバードに到着した日に、宿で1人の学生の旅人に出会った。
話を聞いていくと、彼はかなりの地理歴史マニア。
僕も最近色んな国を訪れながら地理や歴史に興味を持つことが多くなったので、
こちらから色々聞いてみると、だんだん彼も楽しくなってきたようで、
ついには延々4~5時間に及ぶ特別授業になってしまった。
古代から近代に至るまで、横に張ってあった世界地図を見ながら順を追って説明を聞いていると、
現在の世界地図の形がどうやってできてきたのかが見えてきて、本当に面白かった。
しかしすごいわ…。何がって、それだけの時間を語り続けられるだけの知識量が。
僕があれほど覚えるのが苦手だった年号や人物名も、しっかり記憶されているようだ。
19歳にして、彼はどうやってこれだけの知識を付けたのだろう?
彼に言わせると、高校の教科書に載っている範囲で十分に勉強はできると言うが…。
僕も今、改めて地理や歴史を勉強してみたいと思っているが、
どう頑張っても彼には敵わないだろうな、と思った。
彼のように、誰にも負けない自信と熱意を持てるものがある人が羨ましい。
僕は色んなものに興味を持てる反面、全てが中途半端になっている気がする…。
世の中、面白そうなことが多過ぎるんだよな。(←言い訳)
スポンサーサイト


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-パキスタン | 18:20:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。