■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
度胸試しブリッジ
フンザの谷を北から南へ流れ行く川は、
時期的なものなのかもしれないが、現在は水量たっぷりの激しい濁流になっている。
その川に、とってもスリリングな吊り橋が架かっている場所がある。
一旦カリマバードを離れた僕は、
車で1時間半ほどススト方面に戻った場所にあるグルミットの町に宿を取り、
朝早くから、意気揚々と吊り橋トレッキングに向かったのであった。

いざ、度胸試し!
スリリングブリッジ①@グルミット
板幅開き過ぎ!そして長い!
こ…、これは怖い!
…と言いながら、「高所快楽症」の僕にはたまらないスリルだったりする。
さすがに、ジャンプしたり揺らして遊んだりする余裕は無かった。

板の隙間に覗く勇姿。
板の間の勇姿@グルミット

しかし、実は吊り橋はもう1本ある。
さらなる恐怖がそこにあった。
スリリングブリッジ②@グルミット
板の間隔がさらにアップ。1m以上は確実に開いていると思うんだが…。
なんでもうちょっと頑張って板を増やさないのか…?

しかも、すぐ隣には壊れた姿の橋が…。映画に出てきそう。
崩れた足場@グルミット

そんな恐怖の橋を軽やかに渡るおじいさま。
軽快ステップ@グルミット

無事生還したおじいさまをモデルにもう1枚。
精悍なおじいさま@グルミット

橋の対岸には小さな集落があるのだが、唯一の移動手段はこの2本の吊り橋のようだ。
子どもは絶対渡れないと思うのだが、どうしているのだろう…?
(そういえば、対岸を歩いている間は子どもに会わなかった気がする。)

集落の外れで見つけた石小屋。
平原の石小屋@グルミット

吊り橋トレッキングのゴール地点から見るパスー氷河。
白いパスー氷河

翌日も同じくグルミットからトレッキング。
ボーリットという丘の上の村にある湖が目的地だったのだが、
そのコースの途中に、氷河の下流を横断する場所がある。
こちらの方が、僕にとっては吊り橋よりもよっぽど恐怖であった。
足を踏み入れてみると、道らしい道が全く無く、
連なる氷の丘と丘の間にはいくつもの巨大な溝が口を空けている。
もし落ちたら最後、誰も見つけてはくれないだろう…。
慎重に慎重を重ね、何度も行ったり来たりしながら安全な道を探り、
なんとか無事渡り切ったものの、予定の倍以上の時間と体力を費やしたのだった…。

その氷河の、これは上流の方。こう見ると美しいのに…。
恐怖のグルキン氷河の上流

恐怖の氷河の手前にあるグルキン村。ここまでは平和だった…。
グルキン村の展望

ようやく辿り着いたボーリット湖。
氷河の向こうに見つけたブルー@ボーリット

湖畔を舞っていた鮮やかトンボ。
鮮やかトンボ@ボーリット
スポンサーサイト


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-パキスタン | 19:00:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。