■プロフィール

joplus

Author:joplus
「もっと世界を見てみたい!」
という単純な理由で、
世界経済危機をものともせず…
否、ただ歯止めがかけられず、
会社を辞めて旅に出た浅はかな男。

でも、いつ終わるかわからない人生、
やりたいことをやりたい時に、
楽しめるだけ楽しまないと♪
…と、勝手に開き直ってる若造です。

たくさんの「違い」に出会うため、
風と気の向くままに歩き回ります。
キーワードは、「自然体」。
できるだけナチュラルな心で、
「違い」で溢れた世界に浸って来たいと思います。

(画像 : photo by たびかめ氏)

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
週末の日常拝見
2度目のカシュガルでの目的は、日曜バザール(市場)を見に行くこと。
日曜バザールと言っても何ヶ所かあるらしいのだが、
中でも郊外で開かれる「動物バザール」が面白いと聞いて、行ってみたいと思っていた。

バスでバザールの前に着くと、続々とトラックがやって来た。
いずれも大量の牛や羊、山羊をギュウギュウに詰め込んでいる。
すぐに「ドナドナ」のイメージが頭に浮かんだのだが、
既に辺りは熱気で包まれていて、そんな悲しさを感じる雰囲気ではなかった。

バザールの門を入ると、さらなる熱気が待っている。
牛は何百頭、羊に至っては何千頭だろうか?
砂埃に包まれながら、所狭しと並ぶ動物達をかき分けたその隙間で、値段交渉する人々。
安食堂で100元札を渡すと「お釣りが無い」と言われそうなこの町で、
同じ格好の人たちが100元札の束を握り締め、超高額の買い物をする。不思議な感じだ…。
1時間ほどバザールの中を歩いていたが、それでもまだトラックはやって来ていた。
一体何頭の動物が1日で買い取られて行くのだろう…?
そして、そのうち何頭の動物が生きて明日を迎えるのだろう…?
しかし来週になれば、またバザールは開かれる。
また同じだけの頭数の動物達が、ここにやって来るんだ。
それでも牛や羊が絶滅しないってのは、すごいことのような気がするんだけど。

山羊売りのおじさん。
山羊売りのおじさん@カシュガル

積み下ろし中。
積み下ろし@カシュガル

引っ張り出し中。
引っ張り出し@カシュガル

羊サークル完成。
羊サークル@カシュガル

桃尻パパラッチ。(18禁スレスレ!?)
桃尻娘@カシュガル
ちょっと失礼して、お触りさせて頂いちゃった!
思わず顔がニヤけるぷにぷに感☆
これはクセになるかも…?
…いかん、このブログが変な方向に向かってしまう。

品定め。
品定め@カシュガル

家畜用小物売り場。
家畜用小物屋さん@カシュガル

バザール見物の後は市街に戻り、旧市街をぶらり。
市場もそうだが、生活の匂いや音が広がっている場所って好きだなぁ。

マ○コメのCMに推薦します。
マ○コメのCM@カシュガル

ハートを打ち抜かれました。
ハートを打ち抜かれました@カシュガル

ちょっとシェスタ。
ちょっとシェスタ@カシュガル

ところで、この日は日曜日なのに、昼間に閉まっている食堂が多くて、
一時ちょっと食べる場所を見つけるのに困ったことがあった。
代わりに、暗くなると賑やかな夜市が旧市街の入口で開かれていた。

賑やか夜市。
賑やか夜市@カシュガル
手前に見えてる丸鶏が美味そうで…、
切り売りしてくれるので、夕飯の後だったけど、つい頂いてしまった♪
ダシがたっぷり出た煮汁と一緒に出してくれる。美味しくないワケがない!

飛び出すジュース。初めて見つけた時は笑ってしまった。
飛び出すジュース@カシュガル

後でわかったのだが、
ちょうどこの前日が今年の「ラマダン(イスラムの断食月)」のスタートだったらしい。
もちろん漢民族には関係の無い話なので、
ウイグル料理以外の店は普通に開いていたはずなのだけど、
ちょうどウイグル人の集まる旧市街を歩いていたから気付かなかったんだな。
それに、今は中国の一部であるこの地域にいると、ラマダンの存在をすっかり忘れていた。
ラマダンはイスラム暦の9月に行うのだが、
実はこの「9月」のタイミングは、毎年少しずつ前にズレていく。
今年は8月後半にスタートしているが、
この先数年は、どんどん暑い時期に重なるように早まっていくことになる。
厳格な人は日中水も飲まないと言うから、
それが暑い時期に重なるほど苦しいものになるはずなんだよな。
シリア、ヨルダン、エジプト…、暑い国のみんな、大丈夫だろうか?
スポンサーサイト


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

旅日記-中国② | 18:40:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。